人気ブログランキング |

タグ:天草 ( 21 ) タグの人気記事

明日開通

熊本の三角町と上天草を繋ぐ1号橋(天草5橋の最初の橋ね)の隣に
新たに橋が架かりました。
c0179688_20523105.jpg
名前は開通当日に発表になるそうだ。
今はまだこの橋だけですが、ゆくゆくはこれが延長されてバイパス道として整備されるそうだ。

こちらは従来の1号強橋、ここは歩行者は通て良いのだろうか?
歩道?の幅は40センチぐらい?しかなくて、さらに今日は強風で怖いのですぐに引き返す。
c0179688_20524651.jpg

でもってこの橋の建築中の風景がTVCMで使われていまして、建築中の姿は迫力が有りましたが
出来てしまうとなんだかちょっと寂しいのが残念。

2015年に撮ったデータも有ったのでついでに貼っておこう。
c0179688_20523742.jpg




c0179688_20533416.jpg
c0179688_20532440.jpg
c0179688_20532914.jpg

で、こちらがそのCMです。





by yanaphoto | 2018-05-19 21:21

天草徘徊

1ヶ月ぶりの熊本です。

本当は早く滑りに行きたいところだけど、仕事なので仕方がない。
缶詰状態が続いているので、今日は半日買い物ついでにカメラを持ってぶらぶらしました。

c0179688_186316.jpg


昼飯は、久しぶりに此処のチャンポンを頂こうかと思いましたが
日曜はお休みなのですね。

c0179688_1871190.jpg


気を取り直して徘徊です。
これと言って下調べもなくロケハンみたいな感じですね。
時間が有れば、ウロウロしたい所も有るのですけどね。

c0179688_1893343.jpg


来週末もこちらなので、来週はどこか行ってみようかな。
いやいや、来週こそ缶詰かも知れない。


c0179688_1810441.jpg



OM-D E-M1
M.ZUIKO 12-40mm


by yanaphoto | 2016-12-11 18:14 | 徘徊スナップ

高田回漕店

歴史的な価値は判りませんが、この佇まいは何かほっとするものが有ります。
かつての自分の生家を思い出すからかも知れません。

c0179688_123844.jpg


古い日本家屋、最近ではめっきり見なくなりました。
地方に行けば、立派な日本家屋も有りますが、やはり近年に建てられたものは
現代の暮らしに合わせて、それなりに今風なのです。

c0179688_1243492.jpg


サッシの窓や、建具などの細かい処。
コンセントや照明のスイッチ類などは、敢えて昔風に作るのは困難でしょう。

その辺りに関しては、もうほぼ完璧ですね
だって人が住んでいないので今風に改修する必要がありません。

c0179688_1301389.jpg


改めて、この建物を見てみましょう。
明治の頃の姿をほぼ、そのままに残しているようです。

c0179688_1262146.jpg


まず、最初に驚くのはとても解放的なのです。
今の建物は壁で仕切られて強度を保っていたりするとか
やたらプライバシーとかで外と中を隔てております。
むろん防犯とかの世知辛い諸事情も有るでしょう。

c0179688_132325.jpg


障子と襖を開ければ筒抜けで、機密性の高いサッシ等は皆無です。
風が抜けるのでとても心地いい。

c0179688_134419.jpg



決して広い部屋では無いのですが、窮屈な印象は受けません。
畳に正座して、暫し子供の頃を過ごした家の事等に思いを馳せてたりしておりますと
なんとも云えぬ安らぎを得られます。

c0179688_1353391.jpg


足がシビレテきそうなので、そんなに長くは続かないのでした。

c0179688_1373392.jpg


現代の感覚からすると、かなり奇妙に見えるのは階段です。
何でこんなに急なのか?


c0179688_139399.jpg


c0179688_13953100.jpg


それと欄間ってこんなに低かった?

c0179688_1405016.jpg


c0179688_1413730.jpg


日本人は、大きくなったってことなのだろう。


c0179688_146741.jpg



Panasonic GX7
by yanaphoto | 2015-10-17 08:30 | 徘徊スナップ

三角西港  夏の夜の夢

三角西港に、当時を偲ぶ建物の一つに浦島屋が有りますが
残念ながら創建当時の物では有りません。

c0179688_2261790.jpg


小泉八雲の『夏の日の夢』の舞台となった処だそうだが、その本は読んだことないので・・・。
古典は苦手だけども、食わず嫌いは改めるべきか?

c0179688_2272057.jpg


小説の刷り込みや、特別な思い入れ無で訪れたイメージでは
ちょっと洒落た洋館の域を出ない。

c0179688_228431.jpg


どうせやるなら、外見だけ再現するのでは無くてもっと当時に思いを馳せる仕掛けが欲しいところだ。


c0179688_2285467.jpg


レプリカでも良いから、生活用品や港湾で使われた道具等を展示するとか
お土産の売店などいらんから、当時のレシピに則った物を出すカフェ何かあったら良かった。


c0179688_2294178.jpg


三角と言えば、乗った事無いけど熊本から出ているA列車なんて物も有るし。
終点の三角で下りても何も無いのじゃすぐに引き返したくなるよ。

c0179688_22112032.jpg




Panasonic GX7
by yanaphoto | 2015-10-13 20:00 | 徘徊スナップ

三角西港

世界遺産に登録されたそうなので行ってきた。
それまでは只通り過ぎるだけで、『何か有るね』位にしか思っておりませんでした。

c0179688_1138311.jpg


世界遺産に申請している事は聞き及んでおりましたが
何かのパフォーマンスの類と認識しており 『まぁ申請するのは勝手でしょ』

c0179688_1142654.jpg


本当に認定されたと聞いた時は、少なからず驚いた。
富岡製糸場の例を考えると、軍艦島なら有るだろうけど、ここが認められるとは思って無かった。

c0179688_11431945.jpg


何が有るの?と尋ねられたら 何も無い訳じゃないけど・・・。
当時の建物は一軒だけ保存されておりますが、当時を偲ぶ物は残されておりません。
残るは石組みの岸壁だけ?

c0179688_1144027.jpg


改めて見てみると、現在のコンクリートの岸壁とは違って、随所に丸みを帯びたデザインです。
これが当時の建築様式なのかな?

c0179688_11445722.jpg




Panasonic GX7
by yanaphoto | 2015-10-12 11:49 | 徘徊スナップ

大型種

こちらでは  蜘蛛以外の奴らも 結構大きい。

c0179688_23414446.jpg


片手の掌じゃ載り切らないかな?
 
c0179688_23425398.jpg


もっとデカイのも居たのだが いち早く逃げられた。




panasonic GX7
by yanaphoto | 2015-10-01 23:47 | 生き物

今日のアシダカさん

作業中、足元に出没しました。

c0179688_2264750.jpg


目の辺りが良く判ります。

c0179688_2272732.jpg


他の連中に見つからないようにね。



panasonic GX7
by yanaphoto | 2015-09-28 02:30 | 虫撮り

三角町

さてさて、またしても熊本入りです。

c0179688_1046659.jpg


移動の途中で見かけた彼岸花をちょっと撮影。

c0179688_1049879.jpg


ちょっと遅かったかな

c0179688_10504221.jpg


今回は短期で済む事を願い、銀塩機はコンパクトのみです。

c0179688_10511061.jpg



panasonic GX7
by yanaphoto | 2015-09-27 11:13 | 徘徊スナップ

黒っぽい教会5

まだまだ石段は続きます。

c0179688_11734.jpg


キツク成ってきましたので、そろそろ頂上に着いて欲しいものだ。
そんな時に丁度良く視界が開けて参りました。
どうやら、てっぺんに着いた様です。

c0179688_12642.jpg


屋外ステージ? すり鉢状に配された客席の中央に教会の鐘が鎮座しておりました。

c0179688_124475.jpg


とにかく暑いし、陽射しも強力です。
『水浴びでもしたい~』 などと思っていたら、其れを見透かしたように水道が有りました。
頭から水を被り、顔を洗って人心地を付けます。

c0179688_132314.jpg


下界を見下ろすと、﨑津の町が一望にできます。
いや~コンパクトだけど良い所だね。

c0179688_1131331.jpg

c0179688_1205670.jpg


水を被ってからは海風が心地いいですよ。

c0179688_116373.jpg




下り階段は危惧したとおりに膝が痛みだした。
もう少しのところで下りきるのだが、ちょっと休んでストレッチ。


c0179688_1172016.jpg


さっき被った水もすぐに乾いてしまいまして、また暑くてかなわんです。
ソフトクリームもすぐに溶けだして、手がベトベトになり困りました。

c0179688_1183050.jpg


c0179688_1342353.jpg


ところで、この記事が公開される頃には、また天草入りしている事でしょう。
あんまり面倒掛けないでほしいものだ。
面倒事が起きるとすぐにすっ飛んで行けて指令が下るのです。


OLYMPUS EM1
HASSELBLAD 500C/M

by yanaphoto | 2015-09-25 18:00 | 徘徊スナップ

黒っぽい教会4

教会の有る海側から転じて山側を望むと
堂々とし鳥居がこちらを見下ろしておりました。
石段が山の上まで誘っています。
これは行かねばならんでしょう。

c0179688_2231231.jpg


上からの景観が楽しみです。
c0179688_22341415.jpg


c0179688_22411557.jpg


ほのぼのとした狛犬がお出迎えです。
c0179688_22443263.jpg


ここは﨑津諏訪神社 日本古来の神仏とキリスト教が混在しているところなど、実に天草らしい。

c0179688_22493864.jpg



石段はまだまだ続きます。
何処まで行くのかな? 膝が悪い人なので下りを思うとそろそろ不安に成ります。

c0179688_22374539.jpg




OLYMPUS EM1
HASSELBLAD 500C/M

by yanaphoto | 2015-09-24 16:00 | 徘徊スナップ