2018年 05月 08日 ( 1 )

タイヤ換装

山道を引退後、舗装路の峠用にカスタムしたMTBですが
今は待ち乗り用として余生を過ごして居ります。

26インチ1.25と細めのスリックタイヤを装着しておりますが、自転車のタイヤは車と違い断面はほぼ円形です。
幅が狭いタイヤは必然的に直径も小さくなりまして、速度維持には不利なのです。
ちょうどタイヤの交換時期が来ていますので、もう少し幅の広いタイヤに履き替えを検討しました。

c0179688_23070426.jpg

しかし、世間一般ではロードばかりでMTBのタイヤなどほとんど売っていないのです。
更に、26インチタイヤもすでに過去の物となりどこに行っても扱いが無い。

ネットで情報を漁るもあまり参考になるところが無い。
いくつか有るには有るのですが、『ブロックタイヤからスリックタイヤにしました』
『ブロックタイヤ比較して走りが軽くなりました』などのコメントばかり
あまりに当たり前で、スリックタイヤ同士の比較等の役に立つ情報は得られませんでした。

メーカーのHPで探しても26インチの1.5位のタイヤはワイヤービードの安物タイヤと
長距離ツーリングの高耐久タイヤしかない、どちらも重くて使いたくないのです。

そんな中、ブロックタイヤですが、非常に軽量のタイヤが有りました。
ブロックの高さも非常に低く、センターもやや詰まっていますのでもしかしたらどうだろう?
んん!このタイヤ持ってました。 ずっと前に買って放置していました。
ならば今回はこれを履いて見ましょう。

c0179688_23070744.jpg

結論、いくら軽くてもやはりブロックタイヤ。ブロックが空気を掻き回すブンブン音も舗装路での転がり抵抗もスリックタイヤの代わりに成りません。

c0179688_23071120.jpg

なんだか先に述べた役に立たないスリックタイヤのレポートと同じですね。
ただのブロックタイヤとスリックタイヤの比較となってしまった。
今度は重くても26インチの1.5にチャレンジする?



[PR]
by yanaphoto | 2018-05-08 20:00 | Comments(0)