ワックス台の改造

頑張ればGW辺りまで滑れるスキー場はあるようですが
さすがに其処までして滑る気は無いのです。

今年は2月中頃に早々とシーズン終了しましたが、1セットだけ保存作業をしていないスキーが有りました。
作業しなければと思いつつ、5月になってしまった次第。

今回はその作業に伴い、計画していたワックス台の改造を行います。

c0179688_22570028.jpg

ワックス掛け作業で困るのは、スクレーパーで削ったカスの処理です。
いつもベランダで作業をしますが、削ったカスは軽く舞い散る為、こまめに箒で掃除をしま
更にカスを踏みつけると取れなくなってしまい掃除が面倒です。
ならば、床に落ちる前にキャッチしてあげれば良いのです。

早速工作です。
これが現在使用中のワックス台です。

c0179688_22570374.jpg
ワックス台のパイプ部分に穴を明けて、棒を突っ込みます。
c0179688_22571819.jpg
棒の部分にごみ袋を止めれば、削ったワックスカスを直接ごみ袋に落とすことができます。
c0179688_22572234.jpg
ちなみに、適当なサイズのごみ袋が無かったので、代わりにダンボール箱を無理やり付けてみました。
c0179688_22572455.jpg

使い勝手はまあまあかな?



[PR]
by yanaphoto | 2018-05-07 20:00 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)
<< タイヤ換装 ジャンク漁り >>