ジャンク漁り

最近たまに行く中古カメラ屋さんが倉庫に使っていた家屋の片隅でジャンク館を始めましたとの事で
先日お邪魔してきました。
実際に行ってみると、私好みの方向性とは異なるのでそれほどジャンクをかき回すこともせず
店員さんや、来客されていたお客さんとカメラ談義に花を咲かせる程度でした。

その中でフード病の方が居られて、盛んにフードの箱をかき回して居られました。
『これはちょっと珍しい物だ』『これは割と普通』等とつぶやきながら次々拾い上げて行きます。

それに影響されて、その気はなかったのですが見ていなかった店の軒先に置かれたダンボールをちょこっと覗いてみると
どこかで見覚えのある部品が・・・。
100円で買って帰りました。

c0179688_12510161.jpg
ブロニカのフラッシュガンアダプターです。
D~S2までの機種に使用できます。

c0179688_12510405.jpg
これもあまり見掛けませんね、でも使うことは全く無い事請け合いです。

開店したばかりでまだ発掘されていないジャンクは色々と漁る価値はありますが
すぐに無価値な山と化してしまうのでしょう。


c0179688_12510635.jpg





[PR]
by yanaphoto | 2018-05-06 00:00 | 機材 | Comments(0)
<< ワックス台の改造 カメラバックのストラップ吊冠の問題 >>