永暇

沢山のカメラに囲まれていると
何故だかとても幸せな気分に浸れます。

だが、増えすぎると別な問題が出てくる。
防湿庫から溢れ、カビ防止剤と一緒に詰め込んだドライボックスが足元に転がり
更に溢れたカメラやレンズが使わなくなったカメラバックに押し込まれ段々と床を隠していく。

こうなると、幸せな気分とかけ離れていき
もはや苦痛を伴うゴミ屋敷的な様相を呈してくる。
遅馳ながら、機材を少々整理する決断に至るので有りました。

幾つかのカメラを、たまにお邪魔しているカメラ屋に持ち込んでみる。

あまりに買い取り額の低い子は持ち帰ることにして
オートコードCDS3とコンタックスT3は暇を出す事となりました。


カメラ趣味の人ならば、トッカエ、ヒッカエ買い替える人も多いでしょうけど。
手にすると、どの子も愛着がわいてしまい、ほとんど売った事がないのです。
委託やネットオークションの方が換金率は高いでしょうけど
メンドクサイ事や、次のオーナーさんは私の様な偏屈オヤジではなく
できれば若い世代の人に使ってほしいとも思うので
その様な客層のショップをえらびました。

『達者に暮らせよ、元相棒達』 

c0179688_12102267.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2016-06-18 12:23 | カメラ | Comments(0)
<< 乗り過ごして一杯ひっかける q6? >>