BRONICA S2 グレー

先日書きました、久しぶりに戻って来たS2のチェックです。
いやはや、8年ぶり位だろうか、時が経つのは早い物だ。

7.5cm 1:2.8 のレンズは前後の玉を掃除したらそこそこ綺麗になった。

ZENZANON 50mmは絞りを挟んだ両面に結構なゴミが張り付いている。
ZENZANON150mmも大体同じかな
なんでこんな所に沢山ゴミが入り込むのだろう?


ボディの方はファインダー周りが結構バッチイのだが
エアダスターをぶんぶん吹き付けて掃除して、まあまあな具合。

良く見たら、BRONICA GS-1のスクリーンを移植した個体でした。
GS-1のスクリーンで結構な数を改造した記憶が有りますが
残っているのはこの1台だけです。 いや~懐かしいな。


動作は何とも快調です、気温が低くてもちゃんと動いています。
このカメラはイストテクニカルでちゃんとメンテナンス出来ていた頃に
オーバーホールしたばっかりの状態で貸し出されたのでした。

本来ならば、オーバーホールの時期なのですが
当分は大丈夫そうだ。


c0179688_1450536.jpg


ともあれよくぞ戻られた。
すっかり存在を忘れていましたが、この子は最初に買ったS2なのです。
当時の主力機で年間100本以上は撮影していましたね。
(約3割は 220でしたから 120換算で130本位?)

一緒に撮影して歩いた友人からは 『あんたは 破壊試験している様だ 』と言われていた。
結構荒っぽく使っていましたが、ほんと丈夫なカメラですね
これからもよろしく頼みますよ。

自分と同年代? 後期型だから、自分より年下だね。
まだまだ、がんばれますよ。

おぢさんも頑張るよ!
[PR]
by yanaphoto | 2016-02-14 15:09 | カメラ | Comments(0)
<< 草津経由で帰宅 BRONICA S2の帰還 >>