BRONICA S2 スクリーン交換 組込編

今度は加工したスクリーンをカメラに組込んでみましょう。

9、取付
 両脇の板バネの上にスクリーンを乗っけます。
 この時マット面が下側です。 元々のフレネルレンズは使いません。

 元々の基準面にスクリーンが乗っからない様にして下さい。
 枠を載せて、ネジを閉めれば終わりです。

 *注意
 枠を載せる際に、スクリーンがずれて、基準面側に織り上げない様に注意してください。

10、確認
 少なくとも自分で手掛けたS2とC2合せて4台ほど改造しましたが、これでピントが合いました。
 何らかの微調整は皆不要でした。

 念の為、フィルム面とのピンとズレを確認してみましょう。

 テストチャートや場合によっては物差し(スケール)などでも良いですね。
 物差しなどなら、前後どちらに、どの程度擦れているかすぐに判りますね。

 今回は深い意味は無いですが、お気に入りのBRONICA Sさんをモデルさんにします。
 (要は何でも良いのです)
c0179688_216660.jpg


 三脚に載せて、ケーブルレリーズを繋いで、シャッターをBにセット
 フィルムバックは開いてインサートは外しておきます。
 ピントを合わせたらシャッターを解放します。

 写真の様に両脇の所がフィルム面と成っています。
c0179688_2221885.jpg

 
 今度はS2から摘出したすりガラスを乗っけたルーペでバックの後ろから覗きます。

 スリガラスは落ちない様にテープなどで固定します。 この時、外側がマット面です。
c0179688_2265016.jpg

c0179688_2271070.jpg


すりガラスは上記のフィルム面側に押し付けます。

ファインダー側とバック側のピントズレが無ければ完了です。

ファインダー側
BRONICAロゴにピントを合わせました。
c0179688_2302119.jpg

c0179688_2303396.jpg



バック側
c0179688_2311924.jpg

c0179688_2313590.jpg


チョットぶれていて判り難かったかな?
[PR]
by yanaphoto | 2014-12-17 00:00 | 改造 | Comments(0)
<< 工具をめでる BRONICA S2 スクリー... >>