人気ブログランキング |

BRONICA S2 スクリーン交換 分解編

さて、突然ですが BRONICA S2のユーザーさんからのリクエストで
S2のスクリーン交換の手順と、加工の方法を公開致します。

BRONICAの完成形ともいえるS2ですが
その構造上、経年変化によるスクリーンの浮上りで
ファインダー像とフィルム面でのピント位置がズレル症状が起きます。

この手直しの方法も然る事ながら、さらに一歩進めてスクリーンまで替えてしまいましょう。
S2当時のスクリーンは擦りガラスと、周辺減光を補う為にフレネルレンズの2枚併せてす。

現在の基準からすると、暗くてザラツイタ感じがします。
もっとも、AF全盛の今日にでは、すかすかの素通しスクリーンが大半を占めますので
80年代のMFSLRを御存じない世代の皆さんには判り難いかもしれません。

明るくても、ピントが見易く、ボケもきれいに見えるスクリーンだと
眺めているだけでも楽しくなってしまいます。

前置きが長くなりましたが、早速行ってみよう。

1、準備
 以下の物を用意しましょう
・精密ドライバー 
・ピンセット
・アルコール(無水アルコールを推奨 薬局で買えます)
・Pカッター
・カッターナイフ
・ノギス (デジタルなら尚良し)
・金尺
・マスキングテープ
・ルーペ (ライトボックスでポジとかを見る奴で可)
・交換用のスクリーン (今回はPENTAX 67II用を使用)

c0179688_091299.jpg



2、分解
2-1 ピントフード取り外し
 まずは分解です。 ピントーフードを外します。
 外し方、判りますよね。 フードの前のレバーを持ち上げると外れます。

c0179688_010197.jpg


2-2 スクリーン固定枠外し
 フィルムバック側の2本のネジを緩めます。 *注 外しません、緩めるだけ
 レンズ側の2本は外します。

ちなみにこのS2はすでにスクリーンは交換されております。
c0179688_0101421.jpg


2-3 摘出
 すりガラススクリーンとフレネルレンズを取り外します。
 
c0179688_0134878.jpg

 
 外した枠の裏側に貼り付けられているモルトはアルコールに漬け込んで、柔らかくなったところを
 一挙に拭い取ります。
 特に暫くメンテナンスされていなかった個体の場合は、このモルトがボロボロになっておりますので
 カスを丁寧に除去してください。

c0179688_0233464.jpg


 このモルトでボディ側の基準面にスクリーンを押し付けていた物が
 モルトの劣化でスクリーンが浮上る事で、ファインダー像とフィルム面でのピントズレが起こります。
 スクリーン交換でなく、単純なメンテナンスなら、モルトを交換して組上げれば終了です。

c0179688_0242491.jpg



今回はここまで、次回スクリーン加工編です。



  
 
by yanaphoto | 2014-12-15 00:30 | 改造
<< BRONICA S2 スクリー... 風邪ひきPENTACON-six >>