High-low mix 長城の悪あがき

使い込んでくる内に、何となく判って来ました。
このカメラは使いにくいのですが、工夫すれば結構良い写真が撮れそうです。

c0179688_12271540.jpg


レリーズの位置が悪くストロークも長い。
ボディは殆と空っぽの箱だからレンズを付けるとフロントヘビーでバランスが悪い。
後玉が小さいレンズ以外では蹴られるのでどうしても絞りを開けるから深度が薄い。

これらの要因で、ブレ、ピンボケが多発。

c0179688_1227832.jpg


普段使うマクワウリさん達は左手でカメラをホールドして
レリーズは左手、ピン合わせは右手で行いますが。
このカメラの場合は逆の方が安定して使えますので、最近はこの方法に切り替えました。

c0179688_12294361.jpg


好みは分かれるところだが、基本はバケペンレンズだからそれなりの素質は有る筈。
使い方次第では真っ当なカメラを凌ぐかもしれない。

c0179688_1229286.jpg

ちなみに上の同じ被写体をブロニカNikkorと比較、雰囲気は長城の方がうえかも?

c0179688_12364454.jpg



長城 TAKUMAR6x7 105mm F2.4
BRONICA S NIKKOR7.5㎝ F2.8

[PR]
by yanaphoto | 2014-10-05 12:43 | Comments(0)
<< ベクトル 行ってきた。 近所に遠征 >>