燃焼式携帯暖房器具

1月も終わり2月と成ってしまいました。
まだまだ寒いですが、昼間は結構暖かく成ってきました。
あと半年位冬だと良いのですが。


寒いのは好きですが、寒さが辛いとも感じます。
そんな訳でこんなの使ってます。

c0179688_1257876.jpg


昔ふうに言えばハッキンカイロですね。
もちろんブランドは違いますけど。
ZIPPOブランドで、燃料はベンジンでは無くてZIPPOライター用のオイルです。
これなら普通コンビニで手に入りますので利便性は高いです。


燃焼中の筺体温度は50~60℃ 直に触るには熱過ぎですので付属のフリースケースに入れます。
フリースケースの上から図ると30℃位になります。

c0179688_1258318.jpg


着火すればすぐ暖かくなるし、燃焼ヘッドを外せば途中でも燃焼を止める事ができます。
(ちょっと暑いからやけどに注意!)

この辺りは使い捨てカイロとだいぶ違いますね。

触媒燃焼だから炎が出ないので安全なのですが、暗いところで見たら
真っ赤に燃えているではないですか。     えええ~と、安全なんだよね。

c0179688_12594666.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2014-02-01 13:05 | 物達 | Comments(2)
Commented by coolys1 at 2014-02-01 16:27
ワタクシも、ハクキンカイロで、ジッポオイルを使用しています。勿論快調ですね! 
燃焼部は新品交換しました。 これもジッポ製と互換性がある?と言われてますね。

街中使用では暖かすぎるのが難点か 笑
Commented by yanaphoto at 2014-02-02 02:57
coolys1さん
いつも上着の内ポケットに忍ばせていりますが
暖かすぎる場合は内ポケットから、コートのポケットに移動させます。

ZIPPO製と互換性は・・・もしかしたら製造元は同じなのかも知れません。
<< 取り敢えず、気長に待つ。 スノーボード用 新規装備 続き >>