立ち寄った宿

若人に混じって、おっさんのボード乗りも参戦です。

c0179688_1322153.jpg


現地集合、現地解散です。滑り終わった若人達はさっさと帰りましたが
おっさんは一人近場の温泉を探しに行きました。
偶然立ち寄った温泉宿でしたが、本当にここ一元さんで入ってもいいの?

c0179688_1323498.jpg



いやはや驚きです、見事な茅葺の重厚な歴史有る建造物。
岩手から移築した120年ほどの前の建物との事です。

c0179688_1335341.jpg


掛け流しの、ぬるめの源泉に頭が空っぽになるまで浸かります。
酷使した筋肉から乳酸も抜けるかな?


湯上りに勧められた食事もなかなかです。
今回は寂しく、一人すき焼きです。
(車の運転が有るので、アルコールは抜き)

c0179688_136173.jpg


宿の豪勢さからすると、サービス面には少々もの足らない感じもしますが。
日帰りの、低料金客ならこんな物でしょう。
ちゃんと宿泊したら、凄い事になりそうですよ。


歴史有る建物の凄さもさることながら、新しい部分との融合や
いちいち細かい細工まで、とことんこだわった作りです。

c0179688_1383625.jpg

展示されている収蔵品や、建物の細部を食い入るように見てきました。

c0179688_1404383.jpg

c0179688_1405423.jpg

c0179688_1495069.jpg


当時にの職人の技に痺れ、これらを使って来たかつての人々の暮らしに思いを馳せます。
現代の、特に自分の仕事など、所詮は使い捨てです。

後世に残るような仕事に憧れますよ。

c0179688_1504381.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2012-12-24 01:52 | 物達 | Comments(2)
Commented by kororogi at 2012-12-24 23:34 x
素適な温泉宿ですね。行ってみたいな~。
Commented by yanaphoto at 2012-12-26 21:26
kororogi さん
後から調べたら、ここは飛んでも無い宿でした。

通常の宿泊様の一部屋が、一軒の茅葺屋根の一戸建て
よって、茅葺屋根の集落と化している模様。

宿泊代は3諭吉位から~
予約も取るのは難しいらしい。
もっともそんな高級宿には泊まれませんが。
<< 新年のご挨拶 今シーズン初すべり >>