露出計1

僅かでは有りましたが、お盆休みのも最後となりました
どこか写真でも撮りに行きたかったが
あまりの暑さと、日ごろに疲れがどっと出て諦めて引きこもりです。

そんなわけで暇つぶしの日記です。

露出計を内臓しないカメラをメインに使用している者ですので
単体露出計は必需品なのです。

c0179688_1856223.jpg


ふらふら徘徊スナップで使用するので、小型で使いやすいのが一番です。
さらに拘るのは、入射光で測光できることですね。

今使っているのはDigisixなのですが、酷使してきた為か、外装がぼろぼろで
露出スケールの印刷も消えかけて見難くなってしまいました。
c0179688_193757.jpg


修理に出したいのですが、他に小型の露出計を持っていないので
思い切ってもう一個買う事にしました。

久しぶりに新宿ヨドに露出計を見に行きましたが
露出計の種類もかなりさびしい状況ですね。

現行ですとセコニックの『 L208 』かゴッセンの『 Digisix 』ぐらいしか選択肢がないのです。
よって迷わず『 Digisix 』を購入です。
c0179688_1913524.jpg



以前L208を使っていた事が有るのですが、数年で使用不能となりました。
帯電するのか、指針が追針に静電気で張り付いてしまい追針を動かすと
指針も張り付いて一緒に動くのです。
これでは測光値が読めません。

メーカーの人に聞いた話ですと初期のロットにはこの様な症状を発症する個体が有るようです。

修理見積もりを取ったところ、もうちょっとでDigisixが新品で購入できる値段でした。
さらに対応があまり良くなかったので迷わずGOSSENに乗り換えました。

GOSSENさんには今後も『 Digisix 』の存続を説に願うばかりです。
[PR]
by yanaphoto | 2012-08-19 22:00 | 機材 | Comments(0)
<< 露出計2 島原湾の夕日 >>