島原湾の夕日

夕方、島原湾の夕日を眺める為に展望台に登ります。
此処からでは、水平線に沈む夕日は拝めない様です、残念。
c0179688_123552100.jpg


背後を振り返ると、空をうねる龍の如く雲がゴンゴン流れて来て、夕日に染まって行きます。
c0179688_12375643.jpg


うう~ん。文面の程には写真が平凡です。
実際とはかなり違いますが、フォトショで弄ります。

c0179688_12571931.jpg


c0179688_1252167.jpg


c0179688_1255877.jpg


日が沈んだら浜に移動します。
c0179688_12581491.jpg

c0179688_133472.jpg


翌日の夕方、帰路に就くのでした。
此処でも印象的な空の色となりました。
c0179688_137916.jpg

経費節減で安い便しか使えないのが悲しい。
[PR]
by yanaphoto | 2012-08-15 13:11 | 徘徊スナップ | Comments(4)
Commented by aku_beeno at 2012-08-17 19:47
お仕事お疲れさまでした!
島原湾の眺め、どれも素晴らしく絶景ですね~。
雲の本を見ていたら、龍が如くの雲のような雲が載っていて
夏季に海風が陸地の方へ入ったり山地に向かってせき止められたりすると気流が収束して
連なった大きな積雲になるらしく、それかな~なんて思いました。 海の土地らしいですね。
Commented by yanaphoto at 2012-08-18 13:10
aku_beeno さん
『雲の本』その手の専門書も有るのですね。 
Commented by scanandyou at 2012-08-19 10:14
空が広い、人工が少ない印象。
こんな田舎でも仕事があれば移住してもいいかなあ。
Commented by yanaphoto at 2012-08-19 16:01
scanandyouさん
仕事はないかもね
大手の半導体メーカーも、県内の工場を閉めるすですし。
<< 露出計1 戸馳島 >>