タグ:GF1 ( 39 ) タグの人気記事

緑の山手線

一瞬びっくりしたよ

c0179688_504589.jpg


どうせなら、昔の車両を1編成紛れ込ませるとかね。

c0179688_513169.jpg


そうしたら、もっとびっくりするよ。
[PR]
by yanaphoto | 2013-01-29 06:00 | おまけ写真 | Comments(2)

冬のカメラ

今週末は滑りに行けなかったので、久しぶりにカメラを持って出掛ける。
(単に仕事に行っただけですが)

やっぱり久々にブロニカさんで撮りたいですよ。
さて、どれで撮ろうかな。

・S2 手持ちの個体は、冬場潤滑が悪くて、動作が怪しくなるのです 却下。
・S  空射ちしたけど、冷たくても動作は快調。
・EC系 基本的に持ち難いので気が乗らない。

そうだ、金属外装のカメラはこの時期冷たくて適わないのでプラ外装のSQ-Aiにしましょう。

c0179688_209453.jpg



早速装備を鞄に突っ込んで、ふらふら出掛けます。
で、写そうとしてもカメラが動作しません!!

どうしたの?
レンズがちゃんと嵌って無かったかな?   いや大丈夫。
引きブタは?    ちゃんと抜いてます。
巻き上げは?  クランクは回りませんし、ちゃんとファインダー像も見えてます。

さて、どうした物か。
そうです、肝心な事忘れてました、電池切れです。
バッテリーチェッカーのボタンを押してもランプが点灯しません。
このカメラが電気式であった事をすっかり忘れていました。

フィルムカメラでは電池を使うのはほとんど使っていなかったので
すっかり忘れていましたよ。

早速最寄のコンビニでLR44を4個購入(本当はSR44だけど代用)
SQ-AやECでなくて良かった。 4LR44なんて売って無いもの。

c0179688_20103739.jpg


ふらふら撮影しながら職場に向かうが時間が掛りすぎた。
本日発送する荷物が間に合わないかも
ギリギリでクロネコに持ち込んで事なきを得る。

今度はちゃんと撮影にいきたいな~。

c0179688_20105332.jpg


ちなみに、今回の写真はデジ画像です。
[PR]
by yanaphoto | 2013-01-28 00:05 | 徘徊スナップ | Comments(2)

硬い、早い、足痛い ふじぱら

今週も懲りずに出かける。

首都高から、中央道に入ると結構先日の雪が残っている。
高速道の脇に雪がいっぱいあると、出発したばかりなのに
もう到着したような錯覚に陥る。

今回は富士見パノラマです。
c0179688_9353159.jpg

今から10数年前 自転車のダウンヒルで落車して
左肘を粉砕骨折した因縁の場所です。

ゴンドラで一気に山頂まで登り降りてくるデザインのゲレンデで、途中リフトも有るものの
非常に半端で殆ど誰も乗って無い。

c0179688_932729.jpg


前半はスキーで挑戦、とにかく固く早いバーン。
エッジなんてほとんど効きゃしません。

c0179688_9324647.jpg


オーバースピードにならない様にするうちに太ももの筋肉が悲鳴をあげます。
疲れたのと厭きたので早めの昼食と、ちょっと昼寝。

午後からボードに乗り換えるが、すでに身体が言う事を利かない。
早速甘い物休憩、これだから太るのですよ。

c0179688_9332349.jpg

c0179688_9334026.jpg

c0179688_9335516.jpg


ようやくコツを掴んだ辺りでそうろそろゴンドラの運行終了時間。
最後にもう一回乗れそうなので、急いでスケーティング。
疲れてフラフラ足がもつれて何も無いところで転倒。

これが限界か、もう帰る。

今回行きも帰りも異常に空いている、大変結構な事です。
これが話題の笹子トンネル。

c0179688_9343920.jpg


追伸、最後の転倒で打った左肩が動かないゾ・・・・。 (*_*;)
[PR]
by yanaphoto | 2013-01-20 09:37 | SKI/SNOW BOAD | Comments(2)

備え有れば憂い無し

例の如く、滑りに行っていたのですが。
そのことはまた後で書くとして、東京近県は降雪で大変です。

滑った後で、現地で買い物、温泉、たっぷり仮眠をしてから帰って来たら
すでに朝でしたので、そのまま職場へ直行!

いや、正解でした、夜は関越道も渋滞でしたし
昼は関越(埼玉辺り)から、首都高通行止めですよ。

現地で何を買ってきたかと言うと靴です。
c0179688_18444476.jpg


靴底からおよそ4cnまでは完全防水仕様
靴底は滑り止めのセラミック入りソール

こちらは、格納式のちびアイゼンもどきを装備
凍結路面でも安心。

c0179688_18451134.jpg


これらは都内や近所で探してもほとんど品揃えが無いのです。

こんな事を書いていたら懐かしい事を思い出しましたね。
昔、冬の北海道を貧乏旅行した時に現地の人に言われました
『内地の人の靴には、滑り止めが付いていないってホント?』

この手の雪対策品は降雪地帯で買え揃えるのが宜し良い様です。

除雪用のスノーダンプとかも以前、新潟のホームセンターで買ってきたのが有るのですが
久しぶりにこれらの出番です・・・が。 帰ったら雪かきが待っていると思うと、うんざりします。


おまけ 東京モノレールの除雪装備
連結器の所に除雪用のブラシが装着されています。
結構な勢いで雪を吹っ飛ばしていました。

c0179688_18461388.jpg

c0179688_18462581.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2013-01-14 18:55 | 物達 | Comments(2)

温故知新 復活のF2 FIRE

最近体力の減退を実感する。
フリースタイルボードの兄ちゃん達と滑ると、こちらが先にへばってしまう。
昨年まではこちらが圧倒的に優勢でしたが、今年は逆転されています。


彼らの用いるマテリアルは、『軽い、短い、扱いやすい』フリースタイルの特徴です。
トリックなどを決めるため、速度を犠牲にしても軽さと、リカバリー性を(扱いやすさ)を備えます。


対しておっさんのマテリアルは『重い、長い、硬い、扱いにくい』
『硬い=重い』これはスピード重視の板の宿命です。
そうでなくては高い運動エネルギーを支えらません
速さを追求するため、重さや扱い難さにを克服しなければなりません。

それには、高い技術と体力が要求されます。

むろん、フリースタイルだって難度の高い技を決めるには同じ事が言えます。
ただ、普通に滑るだけなら楽ちんですね。

そこで、柔らかい板を使うことで体力の消耗を抑制できないかと考えます。
ボード屋のおっさんに相談もしましたが、ただでさえ少ないアルペンボードのニーズには
その様な板は無く、レース機材一辺倒の傾向にあるそうです。

そこで、一計を案ずる。
昔乗っていたボードで柔らかいのが有りました『 F2 FIRE 』
昔、知り合いに譲った物ですが、すでに使われなくなって久しく忘れられておりました。
今回久しぶりに私の手元に戻ってきました。


c0179688_2575498.jpg


一見すると、アルペンボードで有りながら、そのシェイプはフリースタイルボードの様で有ります。
製造されてから、そろそろ20年近く経つはずです。
経年変化で壊れないかが心配ですが、これに乗ってみよう。

付いているビンディングなどは博物館級に古いものです。(いやなつかしや)
c0179688_30238.jpg


普段乗っている板と比べると、長さも幅も随分違います。
c0179688_3253526.jpg

c0179688_3271176.jpg




昔乗った時の記憶では『低速での扱いは容易だが、高速では曲がりきれない』でした。

今回乗った感想では高速も充分行けます。
当時の自分の未熟さを思い知らしめた結果となりました。
何せ古いものだから壊れてしまわないか心配でしたが、まずは大丈夫の様です。

で、肝心の体力消耗はどんな塩梅かと申しますと『結局、限界まで飛ばすので、何使っても一緒』

本日の結論『道具に頼るな! 体力つけろ!』
お粗末さまでした。
c0179688_318133.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2013-01-07 08:30 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)

年末年始は雨に打たれる(年明け)

年も明けて、恒例のスキーです。

c0179688_3142497.jpg

思えば、ここ何年もスキーは年に一度だけですね。
ですけど不思議と滑り方を忘れない物です。
それどころか、むしろ上達していたりします。

今シーズンも、巧く滑れる根拠の無い自信も有りました。


早速ですが、平均30° 最大32°とのコースで陣取ります。

c0179688_3134121.jpg

多少の凸凹は有るのもの、フラットに圧雪されたハードパック、否応もなく板が走ります。

これだけ固くてキツイ斜面ですとエッジがあまり効きません。
滑り下りるより、感覚的には落下している感じです。

たまらない加速感に、滑っていて思わずにやけてしまいそうです。
c0179688_3162071.jpg


ここまでは良かった、午前中の快晴がうその様に一転して午後から雨混じりの雪?雨?

諦めて、早めに上がる。
本格的雨から、もっと本格的などか雪。
あまりに降り過ぎると、車の運転がやりにくぞ。
車線は見えないし、フロントグラスの向こうを落ちてゆく雪の流れのせいで速度感覚も麻痺。
ですが、トンネルを抜けるともう雪国では無かった。

なにはともあれ、楽しかったので今シーズン中にもう一回位はスキーも良さそうだ。
だれか行かないかな。

さて、これからまた滑りに出発です。
[PR]
by yanaphoto | 2013-01-05 03:19 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)

年末年始に雨に打たれる(年末)

12月30日 丑三つ時
そろそろスキー場へ向けて出かける準備も整った頃
現地で落ち合う予定のGrから電話が来る。
『すみません、タイヤチェーン忘れてしまいました』
すでに行程の半分以上過ぎてから気が付いた様だ。

なんという事でしょう、思いっきり舐めきってます。
これから向かうは、峠を登りきった場所に有るゲレンデ。
結構な坂道で、もし積雪や凍結していたらとても夏タイヤでは辿り付けません。

仕方が無いので一計を案ずる。作戦は以下の通り。

①先方はFFの夏タイヤ(三分山) 乗員3名
②こちらは4駆 スタットレス(新品) 乗員1名
③ ①の車をスキー場の麓の道の駅でデポ
  3人を拾って②でスキー場へ向かう。

完璧です、ですが余計な準備が必要となります。

4名乗車となると板が乗りません、ルーフキャリアが必要です。
ルーフキャリアは洗車時に邪魔なので普段は付けて居ません。
AM3:00を過ぎているが、ごそごそとルーフキャリアを組み立てる。

ようやくセットして出発、予定よりもだいぶ遅くなってしまったが、めでたく3人と合流。
ワッセワッセと積みかえて峠を登る。

合流場所では小雨に朝日が当たって虹が見えた。
c0179688_6274295.jpg



問題はここからです。天気予報では雪の筈でしたが、だんだん雨に変わってきました。
c0179688_6391147.jpg

c0179688_6394961.jpg


夕方からは本格的な雨降りです。屋根に乗せた板はケースごとびしょ濡れです。
c0179688_6295439.jpg


帰ってから確認したら防錆油を塗っていたにも関わらず、結構エッジに錆が発生しておりました。
手入れが大変です。
c0179688_6312657.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2013-01-04 08:00 | SKI/SNOW BOAD | Comments(2)

立ち寄った宿

若人に混じって、おっさんのボード乗りも参戦です。

c0179688_1322153.jpg


現地集合、現地解散です。滑り終わった若人達はさっさと帰りましたが
おっさんは一人近場の温泉を探しに行きました。
偶然立ち寄った温泉宿でしたが、本当にここ一元さんで入ってもいいの?

c0179688_1323498.jpg



いやはや驚きです、見事な茅葺の重厚な歴史有る建造物。
岩手から移築した120年ほどの前の建物との事です。

c0179688_1335341.jpg


掛け流しの、ぬるめの源泉に頭が空っぽになるまで浸かります。
酷使した筋肉から乳酸も抜けるかな?


湯上りに勧められた食事もなかなかです。
今回は寂しく、一人すき焼きです。
(車の運転が有るので、アルコールは抜き)

c0179688_136173.jpg


宿の豪勢さからすると、サービス面には少々もの足らない感じもしますが。
日帰りの、低料金客ならこんな物でしょう。
ちゃんと宿泊したら、凄い事になりそうですよ。


歴史有る建物の凄さもさることながら、新しい部分との融合や
いちいち細かい細工まで、とことんこだわった作りです。

c0179688_1383625.jpg

展示されている収蔵品や、建物の細部を食い入るように見てきました。

c0179688_1404383.jpg

c0179688_1405423.jpg

c0179688_1495069.jpg


当時にの職人の技に痺れ、これらを使って来たかつての人々の暮らしに思いを馳せます。
現代の、特に自分の仕事など、所詮は使い捨てです。

後世に残るような仕事に憧れますよ。

c0179688_1504381.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2012-12-24 01:52 | 物達 | Comments(2)

芝浦運運河まつり

雨天中止

c0179688_15575164.jpg


仕事も雨が降ったら休みになるといいのだけど。

c0179688_15574132.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2012-09-23 15:58 | 雨の日 | Comments(0)

島原湾の夕日

夕方、島原湾の夕日を眺める為に展望台に登ります。
此処からでは、水平線に沈む夕日は拝めない様です、残念。
c0179688_123552100.jpg


背後を振り返ると、空をうねる龍の如く雲がゴンゴン流れて来て、夕日に染まって行きます。
c0179688_12375643.jpg


うう~ん。文面の程には写真が平凡です。
実際とはかなり違いますが、フォトショで弄ります。

c0179688_12571931.jpg


c0179688_1252167.jpg


c0179688_1255877.jpg


日が沈んだら浜に移動します。
c0179688_12581491.jpg

c0179688_133472.jpg


翌日の夕方、帰路に就くのでした。
此処でも印象的な空の色となりました。
c0179688_137916.jpg

経費節減で安い便しか使えないのが悲しい。
[PR]
by yanaphoto | 2012-08-15 13:11 | 徘徊スナップ | Comments(4)