<   2017年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

PENTACON-sixについて考える。

バケペンバブルもさることながら、最近はペンタコンシックス(以降P6で表記)もバブル化しているそうだ。

以前より処分対象となっていたP6を中古ショップに持ち込んだら非常に感謝された。
なんでも今品不足で程度の良いのはすぐに売れてしまうそうだ。
c0179688_02061246.jpg

今回持ち込んだのは、自分で言うのは何ですが結構上物でした。
・外観 目立ったすれ擦れ・傷無し。
・コマ間安定 ダブり無 富士120で13枚安定して撮れる。(220は入れた事なし)
・フォーカシングスクリーン ブロニカSQの物に換装済。
・付属品 プリズム2種類 、皮ケース

c0179688_12154339.jpg

先日別の用事で件のカメラ屋に行ったら、さっそく予約が入ったそうです。
しかしながら、なんでP6を欲しがるの?と店主に聞いてみたら、およそ次の理由によるそうだ。
・コミケなどでクラカメ写真集などが販売されるそうだが
 最近P6本が出回っているそうだ、それを見た人たちが途端にP6を買い求めているとの事。
・SNS等でもP6を持ち上げる書き込みも多く、フィルムカメラ未経験者までもP6を欲しがっているそうだ。
c0179688_02243633.jpg


でもちょっと待って欲しい。
P6はそんな生易しカメラじゃないよ、状態が良くてちゃんと整備された個体ならまだ良いが
調子がよくともコマダぶりなどの持病がいつ起きるかわからないでしょ
そもそも調子の良い個体に巡り会うまでに何台も買う事になるよ!
P6との付き合いはそろそろ20年近くなるけど、今まで散々苦労してきた。
・コマダブり
・シャッター不調、真っ白コマに真っ黒コマ。
・暗いファインダー
・視野率の低さ
・異常に視野率が低いプリズムファインダー
・横から盛大に光が入り込むウェストレベルファインダー
・重いレンズを付けたときのバランスの悪さ。
もうこれらの問題点も丸ごと楽しむ事ができる御仁でなければ付き合い切れないのでは?
生半可な気持ちでは痛い目に会います。
以前はP6と言ったら駄目カメラの代表選手として挙げられていました。

c0179688_02210815.jpg

私の使っているP6は色々とカスタムしていいますので、視野率以外の問題はほぼ全てクリアした。
視野率に関しては、使っているうちに案外慣れて来る。
最悪余分に写り込んだらトリミングしたって良い。

c0179688_01580774.jpg


でもね、標準のBIOMETAR 80mm F2.8しか使わないので有ればわざわざP6を使う価値てあるの?
あのレンズはそんなに良いレンズとは思えない。 まあ、人によって好き好きは有るから一概には言えないが。
P6の本領は SONNAR 180mm F2.8 と SONNAR 300mm F4 に有ると思っている。

c0179688_12153470.jpg

SONNAR使わないのならブロニカSQでも使った方がよっぽど幸せになれるよ。


c0179688_01581717.jpg









[PR]
by yanaphoto | 2017-10-31 20:00 | カメラ | Comments(1)