<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

高田回漕店

歴史的な価値は判りませんが、この佇まいは何かほっとするものが有ります。
かつての自分の生家を思い出すからかも知れません。

c0179688_123844.jpg


古い日本家屋、最近ではめっきり見なくなりました。
地方に行けば、立派な日本家屋も有りますが、やはり近年に建てられたものは
現代の暮らしに合わせて、それなりに今風なのです。

c0179688_1243492.jpg


サッシの窓や、建具などの細かい処。
コンセントや照明のスイッチ類などは、敢えて昔風に作るのは困難でしょう。

その辺りに関しては、もうほぼ完璧ですね
だって人が住んでいないので今風に改修する必要がありません。

c0179688_1301389.jpg


改めて、この建物を見てみましょう。
明治の頃の姿をほぼ、そのままに残しているようです。

c0179688_1262146.jpg


まず、最初に驚くのはとても解放的なのです。
今の建物は壁で仕切られて強度を保っていたりするとか
やたらプライバシーとかで外と中を隔てております。
むろん防犯とかの世知辛い諸事情も有るでしょう。

c0179688_132325.jpg


障子と襖を開ければ筒抜けで、機密性の高いサッシ等は皆無です。
風が抜けるのでとても心地いい。

c0179688_134419.jpg



決して広い部屋では無いのですが、窮屈な印象は受けません。
畳に正座して、暫し子供の頃を過ごした家の事等に思いを馳せてたりしておりますと
なんとも云えぬ安らぎを得られます。

c0179688_1353391.jpg


足がシビレテきそうなので、そんなに長くは続かないのでした。

c0179688_1373392.jpg


現代の感覚からすると、かなり奇妙に見えるのは階段です。
何でこんなに急なのか?


c0179688_139399.jpg


c0179688_13953100.jpg


それと欄間ってこんなに低かった?

c0179688_1405016.jpg


c0179688_1413730.jpg


日本人は、大きくなったってことなのだろう。


c0179688_146741.jpg



Panasonic GX7
[PR]
by yanaphoto | 2015-10-17 08:30 | 徘徊スナップ | Comments(2)

三角西港  夏の夜の夢

三角西港に、当時を偲ぶ建物の一つに浦島屋が有りますが
残念ながら創建当時の物では有りません。

c0179688_2261790.jpg


小泉八雲の『夏の日の夢』の舞台となった処だそうだが、その本は読んだことないので・・・。
古典は苦手だけども、食わず嫌いは改めるべきか?

c0179688_2272057.jpg


小説の刷り込みや、特別な思い入れ無で訪れたイメージでは
ちょっと洒落た洋館の域を出ない。

c0179688_228431.jpg


どうせやるなら、外見だけ再現するのでは無くてもっと当時に思いを馳せる仕掛けが欲しいところだ。


c0179688_2285467.jpg


レプリカでも良いから、生活用品や港湾で使われた道具等を展示するとか
お土産の売店などいらんから、当時のレシピに則った物を出すカフェ何かあったら良かった。


c0179688_2294178.jpg


三角と言えば、乗った事無いけど熊本から出ているA列車なんて物も有るし。
終点の三角で下りても何も無いのじゃすぐに引き返したくなるよ。

c0179688_22112032.jpg




Panasonic GX7
[PR]
by yanaphoto | 2015-10-13 20:00 | 徘徊スナップ | Comments(2)

三角西港

世界遺産に登録されたそうなので行ってきた。
それまでは只通り過ぎるだけで、『何か有るね』位にしか思っておりませんでした。

c0179688_1138311.jpg


世界遺産に申請している事は聞き及んでおりましたが
何かのパフォーマンスの類と認識しており 『まぁ申請するのは勝手でしょ』

c0179688_1142654.jpg


本当に認定されたと聞いた時は、少なからず驚いた。
富岡製糸場の例を考えると、軍艦島なら有るだろうけど、ここが認められるとは思って無かった。

c0179688_11431945.jpg


何が有るの?と尋ねられたら 何も無い訳じゃないけど・・・。
当時の建物は一軒だけ保存されておりますが、当時を偲ぶ物は残されておりません。
残るは石組みの岸壁だけ?

c0179688_1144027.jpg


改めて見てみると、現在のコンクリートの岸壁とは違って、随所に丸みを帯びたデザインです。
これが当時の建築様式なのかな?

c0179688_11445722.jpg




Panasonic GX7
[PR]
by yanaphoto | 2015-10-12 11:49 | 徘徊スナップ | Comments(0)

大型種

こちらでは  蜘蛛以外の奴らも 結構大きい。

c0179688_23414446.jpg


片手の掌じゃ載り切らないかな?
 
c0179688_23425398.jpg


もっとデカイのも居たのだが いち早く逃げられた。




panasonic GX7
[PR]
by yanaphoto | 2015-10-01 23:47 | 生き物 | Comments(0)