<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

本を捨てるのは忍びないのだが
色々と場所を確保する為、ガラクタやら本の類を捨てます。

文庫本は致し方が無いが写真雑誌は抵抗が有る。
クラシックカメラ専科、カメラスタイル、写真工業等の本を捨てるのはもったいないかな?

そこらの古本屋ではゴミ価格だろうから
わざわざ売りに行くのはメンドウだし、やっぱり捨てる?

文庫本は読んでないのも結構有ったし、ダブって買ったのも少なからず有った。
片方は未読だけどもういらない。

c0179688_20493380.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2015-05-18 20:51 | 取り留めのない話 | Comments(2)

芝浦の雷

外はいい天気だ。

だがどこかで雷の様な音がする。
ボーリングのボールが投げ込まれている音だった。

c0179688_020212.jpg


現在解体中 また一つ、見慣れた風景が変わって行く。
田町ハイレーン

[PR]
by yanaphoto | 2015-05-11 00:00 | 取り留めのない話 | Comments(0)

そんなに安くない

3回香るアロマは¥130だった。

c0179688_0115267.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2015-05-10 00:15 | 徘徊スナップ | Comments(2)

道草

本来休みなのだが、余計な手間ばかり増やす人がいるので今日もお仕事です。
先日の筑波の余韻が冷めない内に、もう少し自転車に乗っておきたい。

c0179688_2222238.jpg


この前職場に自転車で向かった時は、車の往来が多い水戸街道を避ける為
江戸川の河川敷を行きましたが、今日は更に海側を通りましょう。

c0179688_22224837.jpg


せっかくの休みなのだから、遠回りして行きます。
江戸川を浦安まで下ります。
ここまで来ると潮風を感じる。

c0179688_2224696.jpg


たまにスマフォで位置確認をしながら進みます。
何処かで見た風景だと思ったら新砂でした。
時々FEDEXに荷物を持ち込みに来るのでした。

c0179688_2226582.jpg


更に適当に進むと第五福竜丸の展示場だ、おおここも前に来ました。
頭の中の断片的な地図が繋がっていきます。

いつもなら晴海通りから浜離宮をかすめて芝浦ですが、もうちょっと物足りない。
お台場まで足を延ばそう。

c0179688_22272661.jpg


のどが渇いた、ビールが飲みたい。
砂浜を眺めながら一杯ひっかけます、昼間から飲むビールはうまいね。

c0179688_22273779.jpg


江戸川の河川敷や夢の島公園でバーベキューをしながら飲んでいる人を散々見掛けたので
ビールが無性に飲みたかったのです。

職場まではもう一息なのだか、厄介な橋が待ているのでした。

c0179688_2228810.jpg


自転車は基本的には通行できないのです。
後輪にヘンテコなキャスター付の拘束具を付けて押して行くなら
歩道を通行する事はできるのです。

c0179688_22305278.jpg


自転車では、今回初めて通りましたが・・・ 通れるだけましとしましょう。

c0179688_2231965.jpg


あああ~橋を渡ると、もうすぐ職場なのです。
遠回りと道草をしたおかげて、今度は仕事が終わらない。
ま、気にしない事にしましょう。

c0179688_22312923.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2015-05-06 22:24 | 自転車スナップ | Comments(0)

筑波を目指す

せっかくの連休ですから、どっか行きましょう。

運動不足解消と来季のボードの体力作りを目指してチャリで遠出をしよう。



行先は・・・時間が無くてちゃんと決めていない。
筑波リンリンロードとか、ちょっと気になってはいるんです。
廃線跡に作られたサイクリングロードだそうだ。

c0179688_371671.jpg


まあ、だいたい筑波方面で行ってみよう。
今回下調べも、装備の準備も不安が有るけど出たとこ勝負でいざ出発!

往来の激しい国道は最近怖いと感じる、昔は普通に走っていたけどね。
排ガスはくさいし、路肩は狭いし小石や浮砂で走り難いのだ。
遠回りになっても裏道を探しながら進みます。
c0179688_385540.jpg



たいして自宅から離れている訳ではないが、通った事の無い所だと袋小路だったりで結構迷った。

茨城に入ると、醸し出す雰囲気が変わった。
5月の風と新緑が清々しい。

c0179688_3105967.jpg


ここからは小貝川沿いに進みます。
江戸川の河川敷は先日走りましたが、ここは静かで気持ちいいね。

c0179688_3181738.jpg


自転車に乗るって事は何だか不思議な感じがする。
言葉では上手く説明できないけど、ものすごく自由になった気分になる。
エンジンも無いし、自力で進むしかない。
長距離を走るならしんどいし、坂道なんて心臓が破裂するのでは?な位苦しい。

c0179688_3191442.jpg


昔、上り坂が好きだった。  辛い登りなら辛い程楽しかった。
全身の力でクランクを回す。
ジリジリと、それこそ止まりそうになるギリギリな速度でも確実に登って行くのが判る。
『どうだ! ちょっとづつでも進んでるゾ』

c0179688_320442.jpg


峠道は蛇行を繰り返しながら登って行く。
苦しくなったら、まずは次のコーナーまで頑張ろう。
コーナーを過ぎると、更にまだまだ先が見えて来て、苦しいにも関わらず次のコーナーに早く着きたい。

更に、それを超越すると頭の中が空っぽになる
『あれ!』 気が付くと暫し記憶が飛んでいる。

c0179688_3211065.jpg


当時仕事や何やらで辛い事が沢山有った気もするが
辛い坂道を登ると、日常の辛さは何処かにいってしまった。

c0179688_3215163.jpg


時間は掛ったかもしれないが、峠の最高点に到着。
振り返れば、延々と登ってきた道が遥か下にうねっている。

c0179688_3224555.jpg


暫し、何ともいえない充実した一時を味わう。
『 さあ!今度は下りだよ! 』 目を三角にして空気の壁を押し退けて突き進みます。

c0179688_325879.jpg


昔の事を色々と回想しましたが、今は気力も体力も衰え
日頃の運動不足と不摂生の賜物で、出っ張ったおなかが苦しくて深い前傾姿勢が取れない。

c0179688_3281274.jpg


若かりし頃と精神的には余り変わっていない積りですが、同じ様にはできないのです。
それでも年相応の楽しみ方で、これからも走り続けて行きたい。

c0179688_329982.jpg


結局のところ、筑波山まで行って来ましたとさ。
帰りは時間切れで途中から電車で帰るのでした。

c0179688_3295616.jpg


c0179688_3302817.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2015-05-06 03:32 | 自転車スナップ | Comments(2)