<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

DOMKE OP/TECH

カメラのストラップですが、最近好みが変わって来ました。

以前は幅広で、しっかり重さを受け止めてくれるのが好きでした。
最近はやや細身で邪魔にならないのが具合が良いのです。


たかがストラップですが、妙な拘りが有りまして譲れない所でも有ります。
・滑らない事
・しなやかな事
・邪魔にならない事
・防湿庫にしまう時など、コネクターで着脱できる事

以前作ったのはこれ Crumpler OP/TECHです。
気に入ってかなり頻繁に使っておりましたが、昨年どこかに行ってしまった。
もう一個有るからまあ良っか。

c0179688_2344527.jpg


最近気に入って使っているのが、DOMKEの細身なストラップです。
裏側に滑り止めのゴム糸?が使われているので滑り止効果はまずまずです。
これもOP/TECH改造済です。

c0179688_23483260.jpg

使って見たら、ちょっと長かったので今度手直しをしよう。

重量級装備のBRONICAなどで使う時はこれでは少々心もとないので
もう少し太いのも欲と思っておりましたところ、これの太いのも有ったのですね。
今日はこれを改造します。

c0179688_23522237.jpg


c0179688_23524387.jpg


途中で金具を使っているので着脱はできますが。カメラに傷が付きそうでいやです。
この金具を使わずにOP/TECHのコネクターを移植します。
今回手元に余っていたのでこれを使用します。
c0179688_23555090.jpg


縫い目の糸をナイフで切って分離。
c0179688_23564778.jpg


ここの部分をDOMKEのループに通します。
そのままではちょっと長すぎるので、若干切り詰めております。
c0179688_23591095.jpg


あとは何時も通りに御裁縫して終わりです。
裁縫中の写真は撮って無かった。
ちなみに糸と針は皮細工用の物を使っています。

カメラを付けて見た、 こんなん感じだ。

c0179688_032093.jpg


気が付くと・・・・・銀一の回し者ですね。
[PR]
by yanaphoto | 2015-04-26 23:59 | 改造 | Comments(0)

スキャナーの掃除

2010年に導入したフラットベットスキャナー GT-X970で有るが
導入して間もなくお蔵入りしておりました。

c0179688_21504863.jpg


殆ど使わない内に原稿台のガラスの内側が曇ってしまいました。
それまで使っていたスキャナーも同様なのですが、こちらはネジを4本ばかり外すと
簡単に分解して清掃ができました。
ところがGT-X970は何処から外せばいいのか判らず放置状態となりました。

c0179688_2151285.jpg

c0179688_21514823.jpg


マニュアルによりますと、メーカーのサービス送りとなようです。
ガラスの掃除位でいちいちメーカー送りでは、殆ど送りっぱなしになるのでは?

このスキャナーのばらし方を、ネットの情報で得ましたので試そうと思っておりましたが
冬モードまっただ中でしたので、遅ればせながらやっと作業を行いました。

原稿台のガラスの脇に丸いメクラフタが4つ有ります。
この下にネジが隠されているそうです。

c0179688_21535757.jpg


電動ドリルにでチョコと穴を開けてみると、ドリルの先っぽにフタが付いてきました。

c0179688_21545798.jpg


いとも容易く外れたので拍子抜けです。

ネジを外し、ガラスを拭いて見ます。
判るかな? 右側が拭いた方です。 ガッツリ曇ってますね。

c0179688_21562755.jpg


さあ、こおれで存分にスキャンできます。

すでに型遅れとなってしまったが、新型はガラスキャリア採用で平面性はバツグンなのでしょうが
取り込み枚数は半分に成ってしまったから、まだ当分はこれが活躍してくれるでしょう。

c0179688_2215466.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2015-04-19 22:18 | 機材 | Comments(0)

パール III 型修理完了

先日修理に出したばかりですが、早くも修理完了したそうです。
今週は急ぎ案件でふらふらですが、身体を引きずる様にして受け取りに向かいます。

c0179688_19243988.jpg

店頭で修理品を受け取って、ついでに店内を物色。

¥3,000-で ZENZANON-S 50mmを確保。
これ動くのかしら?

c0179688_19250700.jpg

さて、店を出て早速修理が終わったばかりのパール III にフィルム装填
・・・と思ったら、空スプールが入っておりません。

そうなのです、先日パール I の欠品の記事を書いた時にスプールを外したのでした。


更に、50mmとばかり思っていたZENZANONですが、よくよく見ると80mmでした。
最近細かい文字が見えないんだよね。 こまったものだ。

c0179688_19254216.jpg

どうやら今日は何をやってもダメな日みたいです。






[PR]
by yanaphoto | 2015-04-18 19:28 | カメラ | Comments(0)

パール 欠品部品

最近手元にやってきた パール I 型の巻太りにの原因を調査します。

手元に有るパール III 型と比較してみましょう。

こちら III 型のフィルム供給側、軸受けの下に半月状の板バネが付いています。
どうやらこれでフリクションを得ている様です。

c0179688_08285561.jpg

巻太り応急対策の I 型では。この部品が欠品(脱落)していおります。

c0179688_08293946.jpg

部品取り用の個体から移植してみよう。
販売元も商品のチェックが甘いですね。

もっとも個別の機種に関しての詳細を判っている所など殆ど無いのかもしれない。







[PR]
by yanaphoto | 2015-04-16 21:00 | カメラ | Comments(0)

パール I 型撮影結果

さて、先日のパール I 型の撮影結果で有る。

おお、良いんじゃない。
カラーも モノクロも中々です。



c0179688_428861.jpg
距離計連動じゃないので、狙ったところでジャストピントは難しいね。
ヘリコイドと距離計の指標を合わせておいて、自分が動くのがこの場合正しいのだろう。

c0179688_4325281.jpg
このレンズ、F4.5の方の古いレンズだけど、60年以上前のものとは思えない写りです。

c0179688_4331125.jpg
F3.5のパールII / III型より、もしかしたら上かもしれない。

c0179688_4335198.jpg

絞り羽が飛んでしまったパールIII型も先日修理に出しました。
帰って来たら取り比べてみようと思います。

c0179688_4342145.jpg

本当はこのカメラが6×6だったらよかったのになぁ・・・。
もう1台、部品取り用のジャンクボディが有るので、レンズを何かに移植しても良いかもね。

c0179688_4344950.jpg





[PR]
by yanaphoto | 2015-04-15 23:42 | 徘徊スナップ | Comments(0)

せっかくの休日ですが

最近やっと冬モードが解除されましたので、久しぶりに自転車に乗りたくなりました。
今日はお休みにして、ゆったり休日モードで過ごそうと思っていたら
とっても大事な事を思い出してしまった。
そうです、今日は熊本から届いた荷物を受け取って、手直しをする予定だったのです。
どっかの誰かさんが図面を間違ったせいで要らん仕事が増えてしまった。

渋々、行先を芝浦に変更。 往来が激しい水戸街道を走りたくなかったので江戸川河川敷に向かう。
c0179688_17080470.jpg
いや~風が気持ちいいです。 三郷から水戸街道までの区間だけ河川敷を走って一般道に行くのですが
もっとこのまま走っていたかったのでそのまま進みます。

c0179688_17090429.jpg
時たま立ち止まってスマフォで現在地を確認、便利な世の中だねぇ~。
適当に走ていたら海の近くだった、ちょっと行きすぎ? まあ遠回りして行きましょう。

やっと到着、随分遠回りしたけどこれから仕事するのが面倒だなぁ。
適当に仕上げて早く帰ろう。
c0179688_17094228.jpg



[PR]
by yanaphoto | 2015-04-12 17:14 | 自転車スナップ | Comments(2)

パールの巻太り

暫くさぼっておりましたが、さすがに冬モード解除です。

更新をさぼっていると、だんだん記事を書くのが面倒に成って参ります。
あんまりネタが無いのですが、ぼちぼち更新していきましょうかね。

パールさんが手元にやって来ました。
パールIIIでは有りません。 I型なのかな?

c0179688_12054261.jpg
距離計連動式では有りません。
距離計の値を読み取って、ヘリコイドの距離指標に移すタイプです。

更に巻き止めも無く赤窓式(赤くないけど)です。

赤窓式は長城を散々使ったので違和感有りませんが
二重露光防止機構は有りませんので、ちょっと不安。
長城なら巻かなきゃファインダー真っ暗だからそんな心配いりませんが。

早速フィルムを詰めて試写です。

一本撮影してフィルムを取り出そうとして呆然!
エライ巻き太りです。 このフィルムは蓋をあけた瞬間に感光してしまいました。


さて、原因の究明と打開策を考えましょう。

1、原因
 
 露光してしまったフィルムを巻き直してもう一度セットしてみます。
 裏蓋をあけたまま巻き上げしてみます。
 なんて事でしょう、呆れる位に巻き太りです。


c0179688_12072163.jpg
 どうやら巻き上げ時にフィルムにテンションが殆ど掛っていない様です。

 供給側のスプールを押えている板バネの力が足らない様です。

c0179688_12084755.jpg

2、対策
 試に、供給側のスプールを手で押えて巻き上げてみると
 しっかり密着して巻き上がっております。

 それならば、何かで供給側スプールの押え付けをしてあげる事にしましょう。

 スプール押え付けの板バネの下側に2mmのモルトを貼り付けて補助をする。
 それとスプールのフランジ面が丁度モルトに喰い込んでフリクションを生じさせています。

c0179688_12092505.jpg

 再度フィルムを装填して巻き上げテストです。
 巻きの状態を確認しながら巻き上げます。

 ううんん~いい感じです。

c0179688_12103374.jpg

 それでは改めて試写に行って来ます。


[PR]
by yanaphoto | 2015-04-05 12:13 | カメラ | Comments(0)