<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

海の日 山へ行く

引っ越し作業も予想以上に順調に進みましたので、さっさと帰りたかったのですが
帰りの便は15日の最終便なので、せっかくだからどこか行ってみよう。

あても無くさまよってみようかとも思いましたが、今回は連休最終日
引き上げの観光客で道が渋滞するのは確実です。
早い時間帯に市内方面へ移動します。

市内方面へ移動中。 湾の向こうに雲仙普賢岳をのぞむ。
c0179688_545061.jpg


さて何処行こう。 熊本城は昨年行ったから・・・そうです!阿蘇に行ってみよう。
『阿蘇熊本空港』て、言うぐらいだから阿蘇山は近所だった気がする。

殆ど予備知識も持たずに行ってみる。
ところで空港から本当に近いのかな? 帰りの便に本当に間に合う? 
など不安を募らせる中、車のナビがなぜか目的地検索を拒否します。

こんな時頼りになるのは携帯のナビです。

車が標高を稼ぎだすと、風景が一変します。
勢いのある夏空にふさわしい鮮やかな緑です。
c0179688_6322813.jpg


さらに登っていくと意外にもあっさりとカルデラを一望する展望台に到着。
c0179688_6405190.jpg

c0179688_6431839.jpg


ノートPCのバッテリー残量がさびしくなったので、続きはまた今度。
[PR]
by yanaphoto | 2013-07-16 08:00 | 風景

多熊猫 続き

やっとこさ 休み明けに稼動できるところまで漕ぎ着けました。

天草では、この連休マリンジェットやボートを牽引した車やら、海水浴客やらで道が一杯です。
通りをはさんだコンビニに行くのも一苦労です。

『ああ、遊びに行きたいぞ』 との思いもこの暑さでほどなくしぼみ
仕事に従事するのでした。

c0179688_23325311.jpg


しかしながら、目を移せば何処にだって目を見張る風景が有るのです。

毎日見てたら 飽きるかも知れないとも書いておこう。
c0179688_23462833.jpg


c0179688_2348267.jpg

c0179688_23493519.jpg

c0179688_23505021.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2013-07-14 23:52 | お仕事 | Comments(0)

多熊猫

本当は東北方面に行くつもりだったのですが
なぜが熊本です。

熊本の作業場が手狭になった為、引っ越しです。
c0179688_752770.jpg


現地の人達だけで大丈夫だと言ったのに 『おまえも行け!』 と、のたまいます。
休みを返してほしい物です。

c0179688_7534745.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2013-07-14 12:00 | お仕事 | Comments(0)

走る

お急ぎで、どちらに行かれるのでしょうか。
結構歩く(走る)の早いね。
c0179688_324221.jpg


c0179688_335253.jpg


c0179688_332581.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2013-07-09 00:00 | 虫撮り | Comments(1)

BRONICAのプリズム4

さて、これで一応このシリーズはおしまいです。
今回はおまけのネタのお話です。

S/S2のウェストレベルファインファーのフードに謎のへこみが有ります。
さて、これは一体何の意味が有るのでしょう?
c0179688_542773.jpg



答えはこちら








c0179688_5434273.jpg

c0179688_5493374.jpg

c0179688_54523100.jpg

このプリズムを固定する為に有るようです。

c0179688_5474482.jpg

内側に固定の爪が有ります、ネジを閉めると、例のへこみを加え込みます。

いかにも付け焼刃的な構造ですが、ファインダー像が小さい事を我慢すれば
意外にも使いやすいのです。

持て余しているPENTACON-sixのTTLプリズムを改造してこれを作ったら面白いかも。
でもかっこ悪から却下かな?

c0179688_5581362.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2013-07-08 07:00 | 機材 | Comments(2)

BRONICAのプリズム3

さて、やっと肝の部分に到達です。
具体的構造を紹介いたします。

こちらはBRONICAの純正品です。
取り付け部の形状を観てみましょう。

前方に1か所、後方に2か所の切欠きが有ります。
ここにボディ側の爪が引っ掛かります。
c0179688_457375.jpg

c0179688_4572871.jpg


お次はボディ側です。
前方の可動する爪の両脇に位置決めをするピンが有ります。
ここで位置決めをしております。
c0179688_512119.jpg

後方の爪は固定式でプリズムを嵌める時は先きこちらから引っ掛けます。
c0179688_514572.jpg


KIEVのプリズムにもこの掛止機構を再現します。
前方は切欠きではなく、プリズムにネジ止めする板の厚みを、そのまま利用します。
後方は切欠きを再現しています。
c0179688_5104787.jpg

c0179688_511165.jpg


ちなみにこの掛止部はKIEVプリズムの下にネジ止めされている板を外し
新たにBRONICA用に作った物と交換します。
c0179688_5194225.jpg


これが新たに作った板です。
c0179688_5212198.jpg


古いノートの端っこに殴り書きしたポンチ絵を再現してみました。
メモの日付けからすると、これを作ったのは2004年の今頃見たいです。
9年も経っておりますので、記憶があいまいです。
果してこの通りに作れば良いのかの検証はしておりませんので
参考になされるなら、ご注意願います。
c0179688_5294061.jpg


おっと、さっそく間違いが有りますね、ネジ止めの穴の皿モミはこの裏側が正解です。
[PR]
by yanaphoto | 2013-07-07 10:45 | 改造 | Comments(3)

BRONICAのプリズム2

さて、時は2000年代となりました。
この時代に使うならこんなのが欲しい。
c0179688_47812.jpg


随分派手ですが、KIEV-88CMのTTLスポット付きプリズムです。

これをBRONICA S/S2で使いたい。
実際には、必要性が有って作ったのではな無く、改造のネタとして作りたくて作った物です。
用途は後からこじつけで考えます。
まあ、露出倍数が掛かるようなベローズ撮影なんかにはもってこいでしょう。
でも、そんな撮影めったに有りませんけどね。

このプリズムは非常に良くできていて、SQ-Ai用のプリズムなどより見やすいです。

実際に付けてみるとこんな感じです。
c0179688_414610.jpg


貼り革の感じも結構似ていて違和感は有りません。
純正です!と言い張れば通じるかもしれません。
むしろ隣りの赤い奴の方が怪しい (^^ゞ
[PR]
by yanaphoto | 2013-07-03 11:00 | 機材 | Comments(4)

BRONICAのプリズム1

先日ブロニカのTTLプリズムの件で質問をいただきましたので
改めてここに関連のネタを取り上げて見る事にします。

ブロニカのTTLファインダーといえばこんな感じですが
もちろんこのことでは有りません。
c0179688_344625.jpg

右はSQ-Aiで左がS/S2用のTTLファインダーです。
SQ-Ai用は中央重点とスポット測光に絞り優先AEが使えるすぐれものです。
機能的には80年代の135一眼レフ並みですが、中判で使うにはこの程度で充分過ぎます。

60年代のS/S2の場合はTTL測光するのも一苦労です。
こんな装備ではなかなか使う気になれません。
c0179688_3552658.jpg

c0179688_3553040.jpg


2000年代には、もっと良い物がありましたので一捻りして見ましょう。

続く。
[PR]
by yanaphoto | 2013-07-02 11:00 | 機材 | Comments(0)

ジメジメした夜に

こんばんは
久しぶりに見かけました。
c0179688_3275636.jpg
c0179688_3281524.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2013-07-01 03:30 | 生き物 | Comments(1)