カテゴリ:SKI/SNOW BOAD( 55 )

VIRUS感染者の集い

VIRUS感染者の集いに行ってきました。

c0179688_8254175.jpg


何時も行くスキー場方面では有りますが、高速降りてから反対側
八ヶ岳方面に向かいます。

c0179688_8274672.jpg


チョット早く到着してしまったので、そこいらで雪景色を撮影。
幾つか気になった風景も有りましたが、車を止める余地が無いので残念ながら通過
今度機会があれば挑戦してみよう。

c0179688_8321613.jpg


いや~寒かったなぁ、出発直後から雪が降り出した位ですから
中々の寒波でした。
気温が低いから雪質は申し分ないです。
風が吹くと粉雪が舞いあがり視界が無くなります。

c0179688_8364829.jpg

c0179688_837276.jpg


集合場所は耳慣れないスキー場です。
いや、こんなスキー場が有った事さえ知りませんでした。

如何にも的なファミリーゲレンデです。
斜度とコースの長さに不満は残りますが、とにかく空いている
何時も行くゲレンデが近年混んで来た事からすると、非常に穴場かもしれません。

集合した感染者さん非常に巧い、レベルが違い過ぎて参考に成らない?
どうしたらこんなに滑れる様になるのでしょう?

もっと頭のネジを飛ばさなくていけないのかもしれない。
c0179688_8444298.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2014-01-19 23:00 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)

アルペンボードに酔いしれる

何時ものスキー場です。
気温-7℃ ほぼ無風 快晴
適度に柔らかく、良くグリップし、やたら走る雪質。

これ以上何を望もうか、最高のコンディションです。

c0179688_1237355.jpg


GOPRO等の小型カメラで撮影した画像を基に自己の滑りの問題点を解析。
今回はその対策を試してみることにします。

おお!ちょっと良くないかいこれ。
数年の停滞を打ち破る事が出来たかもしてない。
特にバックサイドの切れか格段に向上しました。

ついでに巧く乗れずに手放そうかと考えていた板Virus Nigthmareにも挑戦。

果たしてどんなもんだろうか?  おお!!こっちもいい感じです。
6年越し?非常に満足できる結果となりました。

c0179688_1239593.jpg



今日は本当にいい一日でした。
これが単に良質な雪のおかげだけだったりしない事を切に望みます。

c0179688_1240507.jpg


ところが1点悲しいことが。
周囲を全く確認せずに合流コースから飛び出して来たボーダーに真横から突っ込まれた。
激しく転倒、いやって程に後頭部を強打。 軽い脳震盪?しばらくふらふらしてました。

ほんと、ヘルメット被っていて良かった。
でも良く見たら板のデッキ面が深く抉れているではないですか。
近々補修が必要ですね。

c0179688_12444352.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2014-01-12 23:30 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)

降り過ぎだろう 竜王

フリスタのメンバーに交じって滑ってきました。

竜王スキーパークですが、ここは初めて来ました。
印象としては余り良くないです。

コースのレイアウトも変則的で、ゲレンデのメンテも今一つ
コース上のあちこちが掘れてしまい滑り難い。

コース上より問題なのが、リフトおり場のスロープがでこぼこな事。
ボードの場合は只でさえ不安定な片足スケーティングでデコボコと成ると
下り難いだけで無く、もはや危険です。
スキーならなんてことないですが、すでに9割り以上がボードなのです。

やはりお金が掛るからピステンなどの稼働率を落としたりで
細かい配慮まで気が周らないのかもしれない。


今回の目的はGo Pro等のカメラの取り扱いの習熟です。
しかしながらとにかく雪が降りっぱなしで、さらにガスっており視界不良も甚だしい。
練習にはなったけど、まだまだこれからだね

今回はこんな感じで使いました。
カメラ用の一脚(ベルボンのUltra Stick)の雲台側に防水コンデデジ、石着側にGo Proを装着
c0179688_1219075.jpg


さて、どんな絵が撮れたかはまたそのうちに。

しかし、降り過ぎだ、こんなに降るとは思わなかったよ。
c0179688_12173760.jpg

c0179688_121836.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2013-12-23 12:22 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)

夜更かし 雪男

富士山の麓のスキー場に行って参りました。

c0179688_17105394.jpg

土曜仕事をしてから出発で、現地着が21時
オールナイトで¥2,000-ぽっきりです。
c0179688_17111960.jpg


しかし思った以上に人が多過ぎて滑り難い。
更に初心者、初級者が多く、コースが狭まった辺りや斜面がきつくなったところ
コースの中央付近等にもゴロゴロへたり込んでいる。
*注 下の写真はかなり人が少なくなってからの物です

c0179688_17131676.jpg


非常に危険ですね、20年程前にボードがゴロゴロしているのを
スキーヤーが盛んに叱責していた事などが思い出されます。

ところが最近じゃスキーヤーが激減。
割合としては数%程しかおりません、これではあちこちのスキー場が
『○○スノーリゾート』とか『××スノーエリア』などに名称変更する訳です。
ちなみにアルペンボードは更にその1/10以下 否限り無くゼロに近い。

ところで何で皆さんフリスタボードに乗りたがるのだろう?
この辺りは、おぢさんの頭では理解できない事柄です。


ゲレ食で酔っぱらって、ちょっと仮眠。
刻は丑三つ時、そろそろゲレンデの人も減って来た頃合いなので
カフェイン入れて再起動。
やっと滑りやすくなりました。
c0179688_17143680.jpg

c0179688_17145491.jpg


で、5:30~7:00まで何故かゲレンデ整備でコースクローズ
オールナイトは8:00まで、何になぜこの時間?
1.5h待たされた挙句に1hしか滑れない、実に不可解。
早い話がこれで帰れとの事なのかもしれない。

ではこれで帰りましょう。
現地集合した相方、何とスクーターで来たそうだ。
スキー場にバイクで来るとは・・・。
帰りはブーツだけ履き替えて、ボードのウエアのまま返りましたとさ。
c0179688_17154812.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2013-12-08 17:18 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)

雪だぁ~

おなじみのゲレンデがついにオープンしたので行って来ました。

c0179688_6195465.jpg


おなじみのVIRUSさん達もいっぱいでした。

c0179688_6202226.jpg


長かった気もしますが、ついこの間まで暑かった気もするのであっと言う間かも。
夜の気温が氷点下になったおかげなのかな?
人工雪でせっせと降らせて1コースのみプレオープンです。
隣のゲレンデは雪のかけらも有りません。

c0179688_6215019.jpg


今回は足慣らしと動画カメラのテスト撮影です。
GoPro HERO3  、 GC-XA1 、パナのちょっと前の防水コンデジ
色々実験しましょう。

先シーズン作ったボードへカメラ取付マウントは振動が大きく音が気になったので
今回は、またまた手持ちの材料でちゃちゃっと作りなおしました。
結果は上々です。



しかし、GoProはテスト撮影もしない内に新型が発表されています。
sonyのライブビュー付リモコンもグッと来ます。
殆ど使わない内にどんどん変わっていきますよ。
[PR]
by yanaphoto | 2013-11-24 20:00 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)

スノーボード搭載カメラ画像

スノーボードに乗っけたカメラの画像です。

ボードの振動をカメラのブラケットが拾って、さらに増幅しているみたい。
ブラケットの振動を抑える対策をする必要が有りますね。


[PR]
by yanaphoto | 2013-02-17 19:47 | SKI/SNOW BOAD | Comments(6)

スノーボード カメラ搭載

肩の痛みがまだ治らないので、週末は滑りに行けませんでした。
かと言ってCP+にも行く気がしない。
そんな訳で写真を撮りに行くつもりでしたが
週中2日徹夜+終電車帰りでは、朝も起きれずに断念。

それならと、放置中のGC-AX1のブラケットを作ります。
前回付属のブラケットを使用して、ボードに装着したが、一瞬で脱落。

ブラケットを両面テープで貼り付ける形式ですが
両面テープて、寒いと接着力が落ちるんだよね。
おかげで、滑走中におっこどして、一度も使わない内に紛失したよ。
幸いにも落し物として届出が有りましたので、事無きを得ましたが
やはりブラケットは自作するしか無いようです。

色々検討した結果、手持ちの部材でなんとか成りそうです。
手っとり早く作業をして大体完成。

c0179688_0394625.jpg


スチルカメラのカメラネジで固定するプレート(名前知らない)を流用。
去年まで虫撮りのLED照明を載せるのに使ってました。

これをビンディングを固定するネジで供締めです。
あとは余っていた小型の自由運台を乗っけてます。

c0179688_044750.jpg


最後にカメラが脱落した際に、紛失しない様にカメラにリーシュ
マウント側にこれを固定するカラビナを結束バンドで固定します。

c0179688_0453241.jpg

c0179688_0465721.jpg

c0179688_0491559.jpg


さて、今まで動画系は経験無なので、この後うどうしたら良いのか良くわかりません。
[PR]
by yanaphoto | 2013-02-05 01:01 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)

骨折の危機と復活の話

先日の富士見パノラマで痛めた肩ですが、相変わらず動きません。

今回の転倒による症状と酷似した事例が身近に有りましたので
『もしかして骨折かも』 いやな予感が脳裏を掠めます。

昔、一緒に滑りに行った友人の話ですが
ゲレンデ間の連絡通路で、だらだらと滑っている時にポッテと転びました。
スキーの達人でめったに転倒などしない人ですし
止まりそうな程の低速でしたので、まさか骨折など思ってもおりませんでした。

肩が動かないけど痛みも腫れも無く、温泉にも浸かって、酒もかっくらって
翌日もスキーで滑り、車も運転して帰りました。

ところが、次に会った時には肩~あばらまで固定するごついギブス姿でした

ごついギブスなど付けられたら、滑りに行くこと事はおろか
仕事にも支障をきたします。
別に痛くもないし、このまま動かさなければ治るかな?
ただ、放置するには事は重大ですので、諦めて近所の整形外科に行きました。

『医者』  これは何時ぶつけたのですか?
『やな』  ちょうど1週間前です。
『医者』  なんでそんなにほっといたの!
『やな』  大きなお世話です。

『医者』  それでは患部を診せてください。
『やな』  ハイ、(で、シャツを脱ぐ)
『医者』  これ、腫れてるんじゃないの?
『やな』  いや、ただポッチャリしてるだけです。

あほなやり取りの後、レントゲンを撮った結果、骨には異常は無いようです。

シップをたらふく処方されましたが、これ貼っても治る訳じゃないから
全部母にあげちゃいました。

これで少々我慢すれば、またじきに無茶ができます。 \(^o^)/



温故知新シリーズで今度はこの板にのって見よう。
滑りに行けなかったので、板のメンテと日ごろに睡眠不足を補うための昼寝で一日が終わりましたとさ。
たまにはゆっくり過ごすのもいいね。

HOT BLAST(初代) 確か1995年辺りのモデル
c0179688_10472375.jpg

c0179688_10475779.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2013-01-27 10:56 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)

硬い、早い、足痛い ふじぱら

今週も懲りずに出かける。

首都高から、中央道に入ると結構先日の雪が残っている。
高速道の脇に雪がいっぱいあると、出発したばかりなのに
もう到着したような錯覚に陥る。

今回は富士見パノラマです。
c0179688_9353159.jpg

今から10数年前 自転車のダウンヒルで落車して
左肘を粉砕骨折した因縁の場所です。

ゴンドラで一気に山頂まで登り降りてくるデザインのゲレンデで、途中リフトも有るものの
非常に半端で殆ど誰も乗って無い。

c0179688_932729.jpg


前半はスキーで挑戦、とにかく固く早いバーン。
エッジなんてほとんど効きゃしません。

c0179688_9324647.jpg


オーバースピードにならない様にするうちに太ももの筋肉が悲鳴をあげます。
疲れたのと厭きたので早めの昼食と、ちょっと昼寝。

午後からボードに乗り換えるが、すでに身体が言う事を利かない。
早速甘い物休憩、これだから太るのですよ。

c0179688_9332349.jpg

c0179688_9334026.jpg

c0179688_9335516.jpg


ようやくコツを掴んだ辺りでそうろそろゴンドラの運行終了時間。
最後にもう一回乗れそうなので、急いでスケーティング。
疲れてフラフラ足がもつれて何も無いところで転倒。

これが限界か、もう帰る。

今回行きも帰りも異常に空いている、大変結構な事です。
これが話題の笹子トンネル。

c0179688_9343920.jpg


追伸、最後の転倒で打った左肩が動かないゾ・・・・。 (*_*;)
[PR]
by yanaphoto | 2013-01-20 09:37 | SKI/SNOW BOAD | Comments(2)

温故知新 復活のF2 FIRE

最近体力の減退を実感する。
フリースタイルボードの兄ちゃん達と滑ると、こちらが先にへばってしまう。
昨年まではこちらが圧倒的に優勢でしたが、今年は逆転されています。


彼らの用いるマテリアルは、『軽い、短い、扱いやすい』フリースタイルの特徴です。
トリックなどを決めるため、速度を犠牲にしても軽さと、リカバリー性を(扱いやすさ)を備えます。


対しておっさんのマテリアルは『重い、長い、硬い、扱いにくい』
『硬い=重い』これはスピード重視の板の宿命です。
そうでなくては高い運動エネルギーを支えらません
速さを追求するため、重さや扱い難さにを克服しなければなりません。

それには、高い技術と体力が要求されます。

むろん、フリースタイルだって難度の高い技を決めるには同じ事が言えます。
ただ、普通に滑るだけなら楽ちんですね。

そこで、柔らかい板を使うことで体力の消耗を抑制できないかと考えます。
ボード屋のおっさんに相談もしましたが、ただでさえ少ないアルペンボードのニーズには
その様な板は無く、レース機材一辺倒の傾向にあるそうです。

そこで、一計を案ずる。
昔乗っていたボードで柔らかいのが有りました『 F2 FIRE 』
昔、知り合いに譲った物ですが、すでに使われなくなって久しく忘れられておりました。
今回久しぶりに私の手元に戻ってきました。


c0179688_2575498.jpg


一見すると、アルペンボードで有りながら、そのシェイプはフリースタイルボードの様で有ります。
製造されてから、そろそろ20年近く経つはずです。
経年変化で壊れないかが心配ですが、これに乗ってみよう。

付いているビンディングなどは博物館級に古いものです。(いやなつかしや)
c0179688_30238.jpg


普段乗っている板と比べると、長さも幅も随分違います。
c0179688_3253526.jpg

c0179688_3271176.jpg




昔乗った時の記憶では『低速での扱いは容易だが、高速では曲がりきれない』でした。

今回乗った感想では高速も充分行けます。
当時の自分の未熟さを思い知らしめた結果となりました。
何せ古いものだから壊れてしまわないか心配でしたが、まずは大丈夫の様です。

で、肝心の体力消耗はどんな塩梅かと申しますと『結局、限界まで飛ばすので、何使っても一緒』

本日の結論『道具に頼るな! 体力つけろ!』
お粗末さまでした。
c0179688_318133.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2013-01-07 08:30 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)