カテゴリ:車( 3 )

デリカD:5納車


事故で逝ってしまったエクストレイルの後継はD:5と成りました。
速攻2週間で納車です。
これで晴れて滑りに行けます。  v(*^o^*)v

c0179688_23484993.jpg


実際に乗ってみると、予想より狭いです。
エクストレイルよりは当然広いですけど、過去に乗ってきた1BOX車との感覚からすると
この外寸で、この内容積は非常に狭いと言わざる得ません。

c0179688_23492693.jpg


衝突安全性の基準が厳しくなっている事や、クロカン的な性能の為のボディ補強?のしがらみかな?
会社のセレナ(1個前のモデル)にもたまに乗るのですが、この子は広いよね。
細かい事は仕方がない、4駆1BOXと成るとD:5の一択と成るのですから。

c0179688_23464169.jpg


久しぶりの1BOXですが、やはりこれはこれで良いです。
とろい車でもイラつかずにのんびり走らせる事が出来ます。

c0179688_23503364.jpg


エルグランドやアルファードなどは、高速は無論の事ながら街中でも
危険な程飛ばしている車をよく見ますが同じ1BOXでも早い車に乗ると
運転している人間の性格にも影響を及ぼすとの事なのでしょう。

その点D:5はとろい分安全かな?
[PR]
by yanaphoto | 2017-02-06 23:57 | | Comments(2)

SUVて何だっけ?

全損扱いとなったX-TRAILの代わりを探します。

日産のディーラーに追突された車を持ち込んだ際に言われた。
『お次はT-32等は如何ですか?』

返答は即答で『嫌です』
日産のディラーの人には申し訳ないが、T-32はもうX-TRAILじゃ無いよ。
元々、SUVとしてデビューした筈なのにSport Utility Vehicleでは無くなっている。

T-30のTVコマーシャルの様に、泥んこのMTBを放り込んだり
雪まみれのボードをぶっこんだり。




元々の語源はもう少し違うのだろうけど、スポーツ用の多目的車
特にアクションスポーツ スキー・スノーボード・サーフィン・MTB等のトランスポーターを指すものだったと解釈しているが。

今ではまともに荷物が積めない車がSUVを名乗っている。
テニスとか、ゴルフ位なら何とかなるだろうけどねえ。

そんな子たちはCross-overて呼ぶんじゃなかったかな?


昔乗っていたライトエースは良かった。
商用車然として一般受けは悪かったけど、私の用途には欠点を補っても有り余るメリットが有りました。


塩害で腐食して乗り換えを決意した時、もう一回新車で欲しいと本気で思いました。

今度の狙いはD5かな?

LITE ACEで検索したら、こんなお馬鹿さんもいたよ、いいねLITE ACE

[PR]
by yanaphoto | 2017-01-16 15:00 | | Comments(0)

さよならX-TRAIL

今、所有している車は初代エクストレールT-30型です
現行のエクストレールは2世代違いのT‐32型ですので
結構古い車となります。

気に入らない点も多々無くもないですが、それなりに気に入っていた車ですので
乗りつぶす積りでおりましたが、ついに乗り換えが必要になりました。

ちょうど1週間前、スキーの帰り道。
自宅まであと1キロちょっとのところで後方から突っ込まれました。

c0179688_12352686.jpg


雨の緩い上り坂、普通に流れて居りましたから40~50km/hぐらいの速度でした。
突然目の前のエスティマが急ブレーキで停車。
こちらも慌てて急ブレーキ。 そこそこ車間は保っておりましたのでぶつからずに停車できましたが
すぐ後ろの車はもろに私の車の後ろに追突。

c0179688_12362656.jpg


ぶつかった時の衝撃は余り大した事が無かったのでですが、後ろの車は見事に大破。
軽の1BOXですが正面はグシャグシャで、車種は見分けられないほどでした。
(まあ、最近の軽1BOXは皆同じに見えますけど)
運転席、助手席のエアバックも開いておりました。

自分も、助手席に乗っていた兄貴とも怪我もムチ打ち等の症状も無くぴんぴんしております。
追突した車の運転手さんは怪我は無いそうですが、助手席のお子さんが
エアバックで口と手を切ったそうです.
小さなお子さんを乗せる場合は後部座席の方が安全なのですね。

c0179688_12382856.jpg


翌日、改めてディーラーに持ち込んで車をみてもらいました。
ちょっと見た目には、バンパーとフェンダーとバックパネルがベコベコになっただけに見えますが
荷室の床が歪んで、スペアタイヤが飛び出さんばかりになっております。

ディーラーさん曰く、『これだけ壊れているのだから相当な衝撃だったのでは?』
『本当に御体大丈夫ですか??』

いや~本当にちょっとぶつかっただけな感じで、大した事無かったのですけどね。
この辺は車が上手く潰れる事で衝撃を吸収してくれていたのでしょう。
あと、追突した相手が軽だった事も挙げられるでしょう。

c0179688_12394529.jpg


ちなみに概算修理見積もりによりますと、修理費用はおよそ¥50万-
現在の車体評価額はおよそ¥20万-

困りましたね、修理してもいつ治るか判らないし。
事故車になってしまうし。

やっと雪も降ってきてやっとシーズン真っ盛りなのに滑りに行けません。

そんな訳で、さっそく次の車を探しております。
最短で入手して早く滑りに行きたいぞ!!
[PR]
by yanaphoto | 2017-01-15 09:46 | | Comments(2)