カテゴリ:アレルギー( 4 )

アレルギー対策手袋買ったよ

ここは本来ならば写真ブログなのですが
アクセス解析を見ると、本業の写真記事よりアレルギー関連でのアクセスが上回っていたりします。

自身も手袋アレルギーで難儀していて、ネットでいろいろ情報を探っていましたが
驚く程手袋アレルギーの情報が無いのです。

そんな訳で手袋アレルギーを患っている人々の為に、微力ながら情報を発信してみます。


前回からの続きです。

色々な種類の手袋を試してみましたが、どれも似たような物でした。
その中で以前より目を付けていたアレルギー対策手袋が
小ロットで入手できるようになりましたので、早速注文してみました
VERTE CheMax 7thSense

以前は最少販売ロットが1000枚でしたので、ちょっとお試しには多過ぎました。
今回からはディスポタイプの200枚入り箱が1個から購入できるようになりました。!(^^)!

ここから買えます

それでは早速比べてみましょう
c0179688_22571560.jpg


① LATEX EXAMINATION GLOVES
 メーカー  : 宇都宮製作所
 価格/単位 :¥1,068-  / 1箱(100枚)
 材質     :ラテックス
 
 コメント 以前から何年も使ってきましたが1~2年程前からカブレル様になりました。
      現在自分では使っておりません。

② Singer Nitrile Dispo-Gloves No,220
メーカー  :宇都宮製作所
 価格/単位:  ¥899- / 1箱(100枚)
 材質    :ニトリルゴム

 コメント  最近はこれを使っていました。
       手に嵌めると、なんだかヒリヒリします。
       盛大に腫れる事は無いので我慢して使っています。

③ ニトリル極薄手袋
 メーカー :川西工業
 価格/単位 : ¥709- / 1箱(100枚)
  材質    :ニトリルゴム

 コメント   手に嵌めるとヒリヒリを通り越して痛いです。
         盛大にカブレましたので、速攻パスしました。

④ VERTE CheMax 7thSense 717
 メーカー :ミドリ安全
 価格/単位 :¥1,680- /1箱(200枚)
 材質     :ニトリルゴム

 コメント   取敢えず嵌めてみました、特にヒリヒリなどしません。
        しばらくこれで様子を見ます。


c0179688_23225281.jpg

c0179688_23262740.jpg


*注 上記はあくまでも個人的見解です。
    効能などを保障する物では有りません、 あしからず。

[PR]
by yanaphoto | 2013-05-08 23:34 | アレルギー | Comments(0)

ハレルヤ

手袋アレルギーに加え、あっちこっち腫れてきます。

ぽつぽつ湿疹が腕全体に広がり、腫れているのかただ赤いのか見分けが付きませんね。
疲れが溜まって来るとこんな状態になることが有ります。
良くないと知りつつ、ステロイド軟こうを塗りまくりです。

c0179688_2314332.jpg


c0179688_2321884.jpg


手袋のアレルギーは、手袋を使い続けているので一進一退。
薬を塗り続けるしかありません。
痒くても掻かなければ、ひどくなることは無いのでひたすら我慢の日々です。

それ以外の湿疹は疲労から来る物でしょうけど、休みは相変わらず無いので
当面は薬で収まるのを待ちます。
過労死関連のニュース報道では残業時間が100時間少々だったりしています。
こちらは最低でも200時間、350時間オーバーも普通です。
我ながら、よくもつ物だと感心します。

ここまで来るとですね、毒も皿まで食ってみようかと思ってしまうのです。
さて、どこまで行けるかな?
[PR]
by yanaphoto | 2013-04-22 02:35 | アレルギー | Comments(4)

手袋アレルギーに悩む

先日近所のクリニックで紹介された専門医に掛って着ました。

c0179688_0263628.jpg


『バッチテストを受けてみては』と言われて専門医に行きましたが。
『バッチテスト』では無くて『パッチテスト』だったんですね
今シーズンはボードのバッチテストを受けようかなどと不埒な考えが混ざってしまった。

何の事だか判らずに掛って着ましたが、肝心の専門医に行ったところ
『当医院ではその試薬が無いのでパッチテストは出来ません』

つまりは何に対してアレルギー反応を示すのか判らない人が。
ペタペタと色々な試薬を貼り付けて、どれが腫れるかで
アレルゲンを特定する為のテストなんですよね。

そんなのすでに判っているから今更テストしてもしょうがないでしょう。


それでも今回は色々聞きたい事がしっかり聞けたので良い事にしましょう。

全体の印象としては、むしろ専門医の先生に現在の取り組みや何やらで
こうした方が良いみたいですよ的なアドバイス?を進言する事に終始しました。
どっちが先生なのか判らなくなって来たよ。


経緯記録

今回ネットで色々調べてみても意外と情報が少いのです
もしかすると、どこかで手袋アレルギーで苦しんでいる人がいるやもしれないので
ここに今までの経緯を書いておきましょう。



1、発症時期
 精密部品や、クリーン状態を必要とする部品を扱う必要から、ゴム手袋は必需品なのです。
 ディスポタイプのラテックス手袋を何年も使ってきましたが、特に異常は見られませんでした。
 1年前辺りから、カブレが現れるようになりました。
 『何年もずっと使てきたのに』なんて事は関係なく、突然体質が変わってしまう事はあるそうです。


2、症状
・発疹
 手袋をしていた辺り全体が赤く腫れ上がります。
 手のひらなどは比較的皮膚が強いのでしょうか、少々赤くなる程度
 指の側面や手の甲等は特にひどくてぼつぼつと赤い発疹ができます。

・傷口
 余りに痒くて、つい掻いてしまうと皮膚がボロボロになり滲出液?(黄色い液体)が
傷口からだらだら流れ出ます。
 こいつがなかなか止まらなくて難儀しますが、そのうち固まって瘡蓋と成ります
 関節部分にできた瘡蓋は、指を曲げると亀裂を生じてあかぎれ状態と成り
 痛みと、滲出液の垂れ流しが始まってしまいます。

・しびれ
 今週の始め辺りからですが、手首から先が、びりびり痺れます。
 今までに無かった症状です。 
 更に手首から先が全体的に腫れて若干手が大きくなった感じがします。
 これは数日で腫れが引いてきて、小指の付け根辺りを残してほぼ腫れは引きました。
 痺れその物は今でも継続中です。


3、使用薬
 現在処方されているのはデルモベート軟膏
 ステロイド系の軟膏ですが、どうも手の皮膚は薬の吸収が悪いとの事で
 ストロングクラス(この手のでは一番強い薬)が処方されている様です。

 一般薬ではせいぜいミデアムクラスなので、処方箋が無いと入手できない様です。

 
c0179688_0115274.jpg



4、長期使用
 出来れば長期に渡って連続使用するのは好ましく無いとの事です。
 皮膚が弱くなるとかの副作用も有るようです。

 長期使用をするならもっと弱い物ミでアムクラスとかを使用するのもいいかもしれません
 詳しくは薬剤師とかに相談するのもいいかも。

5、使用手袋
・ラテックス系
 ラテックス(天然ゴム)にはアレルゲンとなる物質が含まれており
 少なからず、これにアレルギー反応を示す人はいらっしゃるとの事です。
 尚、パッケージの底の注意が書きにはこんな事が書いて有りました。
 『体質によっては、天然ゴム由来の水溶性タンパクによるアレルギー症状を起こす事が有ります』

c0179688_0145340.jpg


・ニトリル手袋
 合成ゴムで、ラテックスを含まないとの売り文句。
 ところが、これでも思いっきりカブレました。
 ニトリル手袋のパッケージの裏側を見ると
『体質によっては、かゆみ、かぶれ発疹等を起こす事が有ります』と小さく書かれていました。

c0179688_0145823.jpg


 結局はかぶれるのです、それとニトリル手袋でも銘柄が変わるとアレルギー反応が少ないのも有るようです
 以前使っていたニトリル手袋の方が調子が良かったので、いろいろな銘柄を試してみるのも一考でしょう
 消耗品だし、どれも似たような価格です。


・ポリチレン手袋
 ポリエチレンなら、アレルゲンを含まないので良さそうですが
 ディスポタイプのポリエチレン手袋はどれもサイズが大き目でぶかぶか状態が標準です。
 材質に伸びが無いのでしょうがないのでしょうが、精密作業には向きませんので使っておりません。


・アレルギー対策品
 ネットで調べていると、アレルギー対策品なる手袋も有るようです
 なにやらゴムを生成する際に添加される可塑剤がアレルギー症状を引き起こす事が有るようです。
 なんだ、天然だろうが合成だろうが関係ないのかもしれません。

 でもって、これらの可塑剤を含まないニトリルゴムを使用した手袋です。
 ただし、一般に小売はしておりません。
 都合の良い事に、こことは取引が有り、たまに資材の調達をしているので、担当営業さんに聞いてみました。
 販売単位が1000枚からなのでちょっとお試しには数が多いですよ。

 価格は・・・定価¥30,000 (1,000枚) 見積もりを取ったら¥9,800-(1,000枚)

 どんな定価設定なの?ですが、¥9,800(1,000枚)なら今使っていディスポ手袋と変わりません。
 今度買ってみよう。

 一つ気になるのが、上記手袋の資料に『材料 NBRラテックス』て書いて有るけどこれはいったい・・

6、手袋の運用
 医者からは、『手袋を使わない仕事に配置を転換してもらうのが良いでしょう』なんて気楽な事を言われます。
 それはタクシーの運転手に車の運転をするなとか、プロのスポーツ選手に運動を控えろと言っているのと同じです。
 そんな事は出来ません、ですが何らかの工夫は必要なのです。

 現在は作業性を犠牲にして、綿の手袋の上にラテックス手袋を重ねて使用しております。
 直接嵌めなければ、殆どカブレは起きません。
 ただ、夏場ともなれば相当に汗をかくので綿手袋が汗でぐっしょりになりそうです。

 外側の手袋はラテックスの方が柔らかく伸びが有るので、重ねるにはこちらの方が都合が宜しいです。


7、その他注意事項
・転移
 手袋を嵌めている時は当然ですが、外した後もその手で体の他の部位に触れない事。
 意外と意識しないで、顔とかちょっと掻いている物です、今度はそこかぶれます。
 外したら、手をよく洗いましょう。

・掻いてはいけませんがどうしても痒い
 猛烈に痒みにおそわれる事が有りますよね、掻いてはいけないのは判っていますが我慢できません。
 そんな時は手を洗います、そもれかなり熱いお湯です50℃位は有るかな?
 いっぱい掻きむしった様な爽快感が有りますが、その後はすっきりで、皮膚も傷つきません。
[PR]
by yanaphoto | 2012-12-14 00:31 | アレルギー | Comments(8)

薬切れ

本当は褒められた事では無いが
ステロイド系の軟膏を常用しております。

うっかり切らしてしまい、1週間後にはこんなになってしまった。
c0179688_25414.jpg


左手にだけゴム手袋をするのですが、こいつでかぶれてしまうのです。
本当の原因はよく判らないけど、とりあえず忙しいので
対処療法ですが、軟膏だけ塗って凌いでおりました。

しかしながら、根本解決を目指し近々本格的に検査を受ける事にしました。
近所の皮膚科では、患者の言う事には全く耳を貸さず
一方的に好き勝手にまくし立てる病院もなんだかな~な結果でしょうかね。

そうそう、それと肝臓の要精密検査との結果も数年無視し続けているので
こちらも何とかしたいところだね。

休みは月に1日程度有るや無しやの暮らしが長いからね
病院に行くのはかなり後回しに成ってます。
[PR]
by yanaphoto | 2012-12-02 02:09 | アレルギー | Comments(5)