PENTACON sixを集中使用中 2

さてPENTACONsixのスレッドを書くために苦心しております。
いざ書いてみると予想した通り何を書いたら良い物か考えが纏まりません。
取り敢えず普段あまり使わないレンズ達の作例でも撮ってみよう。
先日車のフォグランプを取り付けに行きましたが、取り付け作業に約3時間程掛かるとの事で
その待ち時間の間にPENTACONsixをもってぶらぶらします。
今回はSchneiderの3兄弟を持ってお散歩です。
でもちょっと広角系が弱いので MC FLEKTOGON 4/50 も加えます。

c0179688_20231224.jpg

ここは最初に行った時にギョトしたのですよ、この橋のデザイン。
うまく見たときの雰囲気が表現できません。
写真は、そのままを写し出すよう思われがちですが、実はそんな事は無いのです。

c0179688_20233613.jpg

心象風景を描くなら絵画等の方が適しているのでしょう。
そんな訳で、レンズの特徴やフレーミングなどのテクニックは勿論ですが
絵画的な絵心が必要なんだろうと思う。

c0179688_20235234.jpg

思い返すと子供の頃はしょっちゅう絵を描いていた気がする。
広告の裏や何やらにごちゃごちゃ描いていた。
月に1回カレンダーをビリッと破くとそこはいつもの広告の裏よりもっと大きな紙が出現して
とても嬉しかった事を思い出す。
c0179688_20242550.jpg

それと同じぐらい嬉しかったのは、私の家は金型屋をやっていたのですが
父がたまに古くなって不要になった青焼きの図面を持ち帰ってってきた。
最近の人はもう青焼きと言っても何の事だかわからないだろうな。
とにかく、カレンダーよりも大きな紙がさらに嬉しかったのです。
それとは別に図面に描かれた幾何学的な図形が何とも不思議で何時ま見ても見飽きない魅力が有りました。

c0179688_20311159.jpg

今の自分も毎日図面に囲まれる暮らしをしていますが、もしかしたら当時の事がその礎になっているのかもしれない。
つまるところ、絵画も写真も図面さえも、描き手の思いが有ってこそなのだと思う。
最近仕事で扱う図面に憤りを感じるのは、そんな思いが込められていない物ばかりだからなのだろうと思い当たる。
良い図面は、パット見た時に描き手の言いたかった事がストンと心に収まるし
独特の美しささえ感じられるのです。

c0179688_20242136.jpg

さて、私の写す写真にはそんな力はあるだろうか?
まあ、これは素人の下手な横好きの範疇だろうからご容赦願います。

c0179688_20241765.jpg

Schneider Kreuznach
XENOTAR MF 2.8/80 MULTICOATING S
CURTAGON MF 3.5/60 MULTICOATING S
TELE-XENAR MF 4/150 MULTICOATING S

Carl Zeiss Jena MC Flektogon 4/50







[PR]
# by yanaphoto | 2017-12-10 20:40 | 徘徊スナップ | Comments(2)

2017~2018冬装備

さて、今年も冬支度の季節です。
やっとここまで来ました、長かった。
まずは板のメンテ。
とりあえずスキー2セットとボード3セットのワックス掛けです。

c0179688_22530302.jpg

中央の青いボードは乗らなくなって久しいモデルですが、ようやく貰い手が決まりました。
これで遊んでくれる仲間が増えるなら安いものです。
写真以外の板はおいおい本格的シーズンになってからメンテしましょう。

只今、屋根と外壁の塗装工事のために足場が組まれており
非常に作業がしにくいのです。
c0179688_22534307.jpg

足場の間を潜り抜けたりする時に何度も頭をぶつけました。
こりゃヘルメットが必要かな、何度も行き来するうちにだんだん慣れてきましたが
この手のお仕事をする職人さんも大変だな。 それにスリムな体形で無いといけませんね。
次のお仕事はスタットレスタイヤへの換装ですが、この足場の為に
物置からタイヤを外まで持ってくるのが一苦労です。
c0179688_22542853.jpg

工事用の足場の隙間がタイヤの幅ギリギリです。 転がしたり持ち上げたりでいつも以上に大変です。
c0179688_22551098.jpg

もっと簡単にタイヤ交換する方法は無いかな?
インパクトを使うようになってだいぶ楽になりましたが、まだまだ工夫が必要ですね。
でも年に2回しか使わないので大層な物は無理ですが、今度試してみたい物が有るのでシーズンオフ時には
もう少し改善されているかもね。

c0179688_22553959.jpg
尚、車には新装備が加わりました。
c0179688_23011248.jpg

雪、霧対策のフォグランプです。
昔乗っていたライトエースには付けていましたが、以降の車には結局装着していませんでした。
何度も濃霧には悩まされてきましたので本当に欲していました。
これで悩みが一つ改善されます。

いつものスキー場はオープンしていますが、人工雪でコース1本のみなのでもう少し待ってからかな。
こちらの準備もそう少し掛かりそうだ。
早く滑りに行きたいな。





[PR]
# by yanaphoto | 2017-12-10 02:29 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)

PENTACON sixを集中使用中

とあるクラカメサイトで、PENTACONsixに関するスレッドの作成を申し付かりました。
ここでは資料的価値のある内容をまとめて残そうと云う目的が有りますが
私のやっていることは弄りまわして壊したり、改造する事です。
かなり方向性が異なりますので、私のやっていることは、本来の趣旨から外れています。
c0179688_00081767.jpg
更に、カメラも写真を撮る事も好きですが
系統立てて資料としてまとめる様な知識は有りません。
最大の問題は、レンズの写りに対する審美眼に決定的に欠ける事です。
さて、そんな状況でどうやってP6システムを語ればいいのでしょう。
仕方がないので、それっぽい作例を乗せるしかありませんね。
c0179688_00073717.jpg

でも色々もっている筈なのですが、全然使っていません
否、特定のレンズしか使っていないのです。
全く使用したこともない塩漬けレンズされ有ります。
時間は掛かるでしょうが、少しづつ撮り貯めするしか無さそうです。
こりゃ当分P6システムばかり使う事になりそうですね。

c0179688_00080705.jpg

まずは望遠系から。

SONNAR 300mm F4
HARTBLEI 500mm F5.6

[PR]
# by yanaphoto | 2017-12-06 20:00 | カメラ | Comments(0)

くまもとでくも

おっと、しばらく忙しくて更新していませんでした。
写真も少々は撮ってますが、スキャンもしてませんね。
只今緊急で熊本です。
昼間は作業場にハエ取り蜘蛛がウロウロ。
コンデジで狙うが上手く撮れません、残念。
夜は宿で出てきました。
アシダカさんです。
c0179688_01521382.jpg

やっぱりここは蜘蛛いっぱいで楽しい。
c0179688_01521764.jpg


[PR]
# by yanaphoto | 2017-11-28 01:53 | 虫撮り | Comments(2)

PENTACON-sixについて考える。

バケペンバブルもさることながら、最近はペンタコンシックス(以降P6で表記)もバブル化しているそうだ。

以前より処分対象となっていたP6を中古ショップに持ち込んだら非常に感謝された。
なんでも今品不足で程度の良いのはすぐに売れてしまうそうだ。
c0179688_02061246.jpg

今回持ち込んだのは、自分で言うのは何ですが結構上物でした。
・外観 目立ったすれ擦れ・傷無し。
・コマ間安定 ダブり無 富士120で13枚安定して撮れる。(220は入れた事なし)
・フォーカシングスクリーン ブロニカSQの物に換装済。
・付属品 プリズム2種類 、皮ケース

c0179688_12154339.jpg

先日別の用事で件のカメラ屋に行ったら、さっそく予約が入ったそうです。
しかしながら、なんでP6を欲しがるの?と店主に聞いてみたら、およそ次の理由によるそうだ。
・コミケなどでクラカメ写真集などが販売されるそうだが
 最近P6本が出回っているそうだ、それを見た人たちが途端にP6を買い求めているとの事。
・SNS等でもP6を持ち上げる書き込みも多く、フィルムカメラ未経験者までもP6を欲しがっているそうだ。
c0179688_02243633.jpg


でもちょっと待って欲しい。
P6はそんな生易しカメラじゃないよ、状態が良くてちゃんと整備された個体ならまだ良いが
調子がよくともコマダぶりなどの持病がいつ起きるかわからないでしょ
そもそも調子の良い個体に巡り会うまでに何台も買う事になるよ!
P6との付き合いはそろそろ20年近くなるけど、今まで散々苦労してきた。
・コマダブり
・シャッター不調、真っ白コマに真っ黒コマ。
・暗いファインダー
・視野率の低さ
・異常に視野率が低いプリズムファインダー
・横から盛大に光が入り込むウェストレベルファインダー
・重いレンズを付けたときのバランスの悪さ。
もうこれらの問題点も丸ごと楽しむ事ができる御仁でなければ付き合い切れないのでは?
生半可な気持ちでは痛い目に会います。
以前はP6と言ったら駄目カメラの代表選手として挙げられていました。

c0179688_02210815.jpg

私の使っているP6は色々とカスタムしていいますので、視野率以外の問題はほぼ全てクリアした。
視野率に関しては、使っているうちに案外慣れて来る。
最悪余分に写り込んだらトリミングしたって良い。

c0179688_01580774.jpg


でもね、標準のBIOMETAR 80mm F2.8しか使わないので有ればわざわざP6を使う価値てあるの?
あのレンズはそんなに良いレンズとは思えない。 まあ、人によって好き好きは有るから一概には言えないが。
P6の本領は SONNAR 180mm F2.8 と SONNAR 300mm F4 に有ると思っている。

c0179688_12153470.jpg

SONNAR使わないのならブロニカSQでも使った方がよっぽど幸せになれるよ。


c0179688_01581717.jpg









[PR]
# by yanaphoto | 2017-10-31 20:00 | カメラ | Comments(2)