ワックス台の改造

熊本から帰ってきましたので、やっと初滑りです。
この2か月過酷な暮らしをしていた為でしょう。

体がいう事聞きません、腰痛に五十肩?
全体的に動きがギクシャクして自分の体じゃないみたいだ。
1日休んで念入りにストレッチ、これで何とかなるだろう。
久しぶりのボードも楽しかったよ、体を動かすといろいろ調子がいいです。
でも滑ってる写真はないよ。

c0179688_1473397.jpg


で、ここからが本題、今日のお題はワックス台です。
数年前に購入した物ですが、これがとても使い難いので
この度改造することにしました。

c0179688_149102.jpg


1、問題点
 このワックス台は、近所のボードショップで勧められた物ですが
 私が使うには非常に具合が悪い。
 板を乗せる部分のパイプが曲がっており、直線部が非常に短いのです。

c0179688_150025.jpg



 幅広のフリースタイルボードなら問題ないのかもしれませんが
 ナローボードや、ましてやスキーを乗せると間に落ちてしまいます。

c0179688_1503450.jpg


2、対策
 いっそう買い換えようかとも思いましたが、これの処分に困ります。
 つまりはここを繋いでしまえばいいのです。
 同じよう様な径のパイプを継ぎ足す事にしました。
 思いつくのはホームセンターなどで見かけるイレクターパイプです。
 これならジョイントの類は豊富です。

c0179688_151513.jpg


 実測してみると2.5mmほどワックス台のパイプより太いのです。
 これだとイレクターのジョイントが使えません。
 フライスでジョイントを作る事も考えたが面倒です。

 何か巻いてしまうのが手通り早い。
 今回用意したのはt=0.5mmのアルミテープです。
 これをぐるぐる2.5巻ほど巻き付けたらこの通り。

c0179688_151355.jpg


c0179688_1515865.jpg


 これで余裕でスキー板でも安定して乗せることができます。

c0179688_1521836.jpg


 実際にはこれに傷付防止のクッションを取り付ければ完成です。

c0179688_1523368.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2016-12-26 20:00 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)
<< 新年の挨拶 天草徘徊 >>