VIRUS感染悪化に関する考察

暫く更新が途絶えておりますが、何とか生きてます。

生活に余裕が無い?
否、余力は全て余暇にぶち込んでいるが正しいのか?
兎にも角にも出来るだけ滑っていたい。

c0179688_3582517.jpg


人付き合いなどは得意とは言えない人なので、いつもは一人で滑っているのだが
これは上達の妨げにもなっているのだろう。
いろいろと達人たちの話を聴く事も大事だと、最近になってやっと判った気もします。

c0179688_3584423.jpg


その結果改めて認識したのは、人それぞれのスタイルの有り様で有る。
筋力の優れた人が、その特性を生かす道具と、滑り方をすると、それはもう爽快である。
でも、筋力を贅肉と衰えに換えてしまった人にはそんな滑り方は出来ないのでした。

では、今の自分の滑りはドウだろう?
なるべく力に頼らず、位置エネルギーと運動エネルギーの損失減らした持久力系かも知れない。
休憩も入れずに朝から日没まで、ひたすら滑り続ける。

c0179688_3595282.jpg


そんな自分と相性が良い板はどんな子かな?
硬すぎず、良くしなって力をため込んで、上手く解放してくれる板
今、メインに乗っている板その物だったのですね。
道理で楽しい訳です。

只、周りを見渡すと、達人たちと自分の実力の格差に唖然としてしまうのです。
そっちに行きたいとも思う、もう若くも無いのは充分承知していても。

c0179688_413766.jpg


・・・・以上、長々と書いてみたが、早い話は新しい板が欲しいので有る。

c0179688_421516.jpg


昨年末におニューの板を入手したばかりで有るが
オーダーした板に乗ってみて判ったので有る、自分の目指す方向性はこっちでは無かったのだ。
来季はもっと、とんでもない板を手にしている可能大で有ります。

c0179688_433149.jpg



ええ~と、写真は衝動買いしてしまったロッカースキーです。
これこそ無駄使いだたtかも?
[PR]
by yanaphoto | 2015-02-14 04:05 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)
<< 地吹雪の中を滑る 暗い夜 >>