アルペンボードに酔いしれる

何時ものスキー場です。
気温-7℃ ほぼ無風 快晴
適度に柔らかく、良くグリップし、やたら走る雪質。

これ以上何を望もうか、最高のコンディションです。

c0179688_1237355.jpg


GOPRO等の小型カメラで撮影した画像を基に自己の滑りの問題点を解析。
今回はその対策を試してみることにします。

おお!ちょっと良くないかいこれ。
数年の停滞を打ち破る事が出来たかもしてない。
特にバックサイドの切れか格段に向上しました。

ついでに巧く乗れずに手放そうかと考えていた板Virus Nigthmareにも挑戦。

果たしてどんなもんだろうか?  おお!!こっちもいい感じです。
6年越し?非常に満足できる結果となりました。

c0179688_1239593.jpg



今日は本当にいい一日でした。
これが単に良質な雪のおかげだけだったりしない事を切に望みます。

c0179688_1240507.jpg


ところが1点悲しいことが。
周囲を全く確認せずに合流コースから飛び出して来たボーダーに真横から突っ込まれた。
激しく転倒、いやって程に後頭部を強打。 軽い脳震盪?しばらくふらふらしてました。

ほんと、ヘルメット被っていて良かった。
でも良く見たら板のデッキ面が深く抉れているではないですか。
近々補修が必要ですね。

c0179688_12444352.jpg

[PR]
by yanaphoto | 2014-01-12 23:30 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)
<< VIRUS感染者の集い 雲海から八ヶ岳 >>