PENTACON-sixのウェストレベル

PENTACON-sixのウェストレベルファインダーフードについて考える。

PENTACON-six(以下面倒なのでP6と表記)のウェストレベルファインダーフードて
側面ががら空きで光線状態によっては、ファインダー像が見難い事があります。
その点EXAKTA-66のファインダーフードは密閉の箱型なので都合がいい。(互換性もあります)
しかしながら、EX-66はとっくの昔に手放してしまいましたのでもう手元にありません。

そんなときは改造だぁ。
手元に転がっていたBRONICA SQのウェストレベルファインダーフードを付けてみました。

c0179688_3424939.jpg


これを作たのは、もう6~7年ほど前ではなかろうか?
しかしながら1回も使わずに放置しておりました。
何故?・・て、簡単な事です。
P6はもっぱらKIEV-60のプリズムのっけてアイレベルでしか使わないからです。

それと、作ったはいいですが、なぜが極端な糸巻型の収差が生じて使い難かったからです。

c0179688_3435616.jpg



最近ふと気になる事がありまして、久しぶりに引っ張り出してみました。
普段老眼が進んできたのか、細かい文字や図面が見えません。
NIKONの折り畳み式のルーペをぶら下げていますが、これをクロスで拭いている時
レンズに表裏がある事に気づきました。 なんでこんなレンズに表裏があるの?
そうか、単玉レンズで像面湾曲を防ぐための仕組みなのね そこではたと思い出した。
あのウェストレベルファインダーフードのルーペて、もしかして裏表サカサマ?
試しにルーペをサカサマにしてみたところ、まともな像面となりました。

c0179688_3445962.jpg


それでは、手元に転がり込んできた売却予定のP6のテストにこのファインダーフードを使ってみよう。

フードを起こすと箱型になりまして、側面からの侵入してくる光も無くとっても快適。
難があるとすれば、スクリーンからの距離が離れてしまったため、幾分倍率が落ちてしまった事ぐらいかな?
もう一ひねりする必要が有りそうだ。
最終的には、他所から流用でなくて自作する必要が有るかもね。


ちなみにKIEV60のプリズム付きはこちらです。

c0179688_3543756.jpg




PENTACON-six
EXAKUTA 80mm f2.8

[PR]
# by yanaphoto | 2017-06-12 12:20 | 改造 | Comments(2)

バリオゴン

そんなつもりは毛頭なかったのですが
たまたま見つけてしまいました。
SQ用のバリオゴン 140-280mm F5.6

今回探していたのはフォーカルブロニカ用の改造ドナープリズムだったのですけど。
全く違う物となりました。
先日色々売り払って資金回収した分以上の出費ですが
後先考えずに即購入。
先の事を考えるとやっぱり痛いね。
c0179688_03000196.jpg

あと6月になりましたので、毎年恒例のカビ防止剤の交換です。
今年は12袋です。
c0179688_02595612.jpg





[PR]
# by yanaphoto | 2017-06-05 03:03 | カメラ | Comments(0)

HARTBLEI

増えすぎたカメラ機材を整理している最中ですが。
全く使っていない物も結構あります。

元々自分で買った物では無いので、とりえず手元に来た時に邪魔にならない場所に押し込んでおりました。
半ばガラクタ同然?で値段は付かないのではと放置していましたが
思ったよりは資金回収できそうです。

何かの縁で手元に来た機材達、せっかくだから1回ぐらい使ってみよう。

HARTBLEI
c0179688_4262578.jpg



左の青い方ですが、正確な型式名は知りません。
KIEV88-CMになる前のスクリューマウントの頃に、チェコだかどこかでKIEV60マウントに改造された個体だそうだ。
写真は乗せていませんが、右の赤いKIEV88-CMと細かいところでいろいろ違います。
最大の違いは、レンズのロック機構でしょうか。
KIEV88-CMはスピゴットマウントなので、マウント側のリングを締め込む事でロックしますが
HARTBLEIの方はバヨネットにしているので、レンズ側をねじって嵌めます。

c0179688_4282958.jpg


P6やKIEV60マウントだと、生産時期や生産国などで個体差が多いですから
HARTBLEIの方式では噛込んで外れなくなりそうで怖いです。

c0179688_4292194.jpg


今回は赤青の2台のP6互換機でお出かけです。

HARTBLEIは使い始めてのっけからスタック・・・。
いや~HARTBLEIのテストの為のお出かけでしたが、いきなり目的の喪失。
KIEV88-CMが頼もしく思えるようです。(錯覚ですよ、きっと)

c0179688_4304620.jpg



途中で復帰しないかレンズ着脱しなおしたり、巻き上げをもう少し試したりしていたらなんとなく復帰。
どうやら動作がギクシャクしていて、素直にレリーズできないだけなのかもしれない。
巻き上げをゆっくり行い、最後に止まるところで若干前後に揺らしてあげるように巻き上げてあげると
レリーズできたりしました。

c0179688_4333435.jpg


ここの所、500CMばかり使っていましたので、形は似ていますが、その操作性の差に愕然とします。
KIEV88-CMはまだ我慢できるのですが、このHARTBLEIは可哀そうですがやはり処分でしょう。


c0179688_4383288.jpg

でも写りはそれなりに侮れないだよね。
だって写りはレンズの仕事だからね。

HARTBLEI 80mm f=2.8
FLEKTOGON 50mm f=4

[PR]
# by yanaphoto | 2017-05-28 09:31 | カメラ | Comments(2)

滑りに行かない週末の過ごし方

今期のスキー+スノーボードシーズンは終わりましたが
2月からずっと毎週末欠かさずに滑りに行っておりましたので、なかなか気持ちの切替が出来ません。

c0179688_2143515.jpg


ちょっとした隙間時間とかでカービング系のスノーボード動画などを見ているのですが
『おっと、これは参考な成るな~。今度試してみよう』 などと無意識に考えてしまいます
『今度て何時だよ 来季?』と1人突っ込みをしてしまっている状態です。

c0179688_21454897.jpg


さて、シーズンが終わってしまうと休みに何したらいいのやら判らなくなっておりました。
雪の無い季節の週末は何していたのでしょう?
ああ、確か仕事ばっかりだった気もします。
ずっと遊んでいたので仕事がたっぷり溜まっているのでした。

仕方が無いので仕事でもしましょう。

c0179688_21473968.jpg


ついでに、もうすっかり葉桜ですがカメラを持ってふらふらしながら職場に行こうかな。
あ~そうでした。 こんな感じが普段の日常だった気がします。

c0179688_21475681.jpg

[PR]
# by yanaphoto | 2017-04-15 21:50 | 徘徊スナップ | Comments(0)

来季の板

気が付くともう桜が満開直前?

早い物ですね。
体内時計ではまだこれ位です。
この写真だってまだ数日前の物です(群馬ですけど)。

c0179688_8342776.jpg


さて、今度の週末でスノーシーズンも幕引きです。
頑張れば5月の連休までは出来るところは有るのですけど。
おデブな躰を少しでも引き締めるべく自転車でも乗ろうかな?

c0179688_8283992.jpg


その前に最後に心残り無く存分に滑らなくてはね。
シーズン終わり頃のカチカチバーンでは何時もの板では柔らかすぎて
ターン時に暴れてエッジが効かないのです。
その分板が振動してエネルギーロスが生じスピードが乗りません。

c0179688_8263087.jpg


持ち込んだ板の中でも硬めの板に乗ったらエッジはだいぶ効く様になったが
それを抑え込む脚力が足りない、あっと言う間に筋肉痛だ。

c0179688_8264584.jpg


ううん、こんな時はメタルボードが有効なのかな?
スキーが欲しいだの、Skwalが欲しいだの色々欲しい物は有るのですが
やっぱり狙い目はカチカチアイスバーン向けの板かな?

この前試乗会で乗ったVIRUSのエレクトロン等は最高なのだけど40諭吉もするそうだ。
これまた試乗回で乗ったKESSLERも調子よかったけどこちらも結構いいお値段、(エレクトロンの半分)
でも聞くところによると、寿命が短く2~3シーズンでヘタッテしまうそうな。

いやはや、考えが纏まりません。
最後に購入したけど乗っていないInterceptor evoIII に乗ってから考えよう。
でもこの板、重くて疲れるんだよな~。

c0179688_8321519.jpg

[PR]
# by yanaphoto | 2017-04-04 20:02 | SKI/SNOW BOAD | Comments(0)